ゴルゴンゾーラのカツレツ、プルーンのピュレとミント

今回のワイン飯レシピは東京都目黒区の住宅街にひっそりと佇む一軒家のレストラン「tokiya」さんにお願いしました。 レストランと言っても、内装や雰囲気はカフェのようで、とても居心地がよく、料理はフレンチをベースに季節にあわせたオリジナルで、ここでしか食べられない味に出会えるレストランです。

材料:2人分

ゴルゴンゾーラ 200g ※ルゴンゾーラを冷凍庫に10分ほど入れておく。

ドライプルーン(種無し) 200g

赤ワイン 100cc

砂糖 12g

ミント 適量

卵 1個

小麦粉 適量

パン粉 適量

作り方

【1】プルーンと砂糖と赤ワインを弱火で20分程度煮る。プルーンに粘りが出て来る程度。

 

 

 






【2】ゴルゴンゾーラに小麦粉、卵、パン粉をまぶして強火で揚げる。衣がきつね色になったら上げる。
 
 
 
 
 





【3】【1】をミキサーにかけて、プルーンのピュレを作る。
 
 
 
 
 
 





【4】お皿に【3】のソースを敷いて、【2】を乗せれてミントを散りばめれば完成。

 
 
 
 
 
 

 

プルーンのピュレは他の料理でも使えるので、ぜひ作ってみて下さい。また、ゴルゴンゾーラに熱を加えたことで、独特のクセが消えていました。これならゴルゴンゾーラが苦手な人でも食べれると思います。

今回お届けする「イル・リーポ」にはミントの香りを感じることができるので、最後に散りばめるミントは非常に重要な材料となります。

全てが口の中で融合し、種哲学的な妙味といいますか、ワインと料理の相性でよく耳にする「寄り添う」という表現がピッタリ当てはまります。

気を付けてほしいのは、「ゴルゴンゾーラの温度」です。ゴルゴンゾーラが常温だと、揚げている最中に破裂する可能性があるので、必ず10分程度ゴルゴンゾーラを冷凍庫に入れておいて下さい。

「ゴルゴンゾーラのカツレツ、プルーンのピュレとミント」は皆さんに味わってほしい逸品です。

[レシピ提供] 学芸大学 tokiya 食べログ 東京都目黒区、学芸大学駅近くの住宅街にひっそりと佇む一軒家レストラン。フレンチをベースに、季節にあわせた創作料理を提案している。果物を取り入れた美しい料理の数々は、ここでしか出会えない芸術作品のようです。

おすすめの記事

ワインのお悩み相談室!初心者が抱える悩みを葉山考太郎先生が解決します。

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

VRでワイナリーを疑似体験できる!「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.