鶏の唐揚げ、蛸のマリネ、コリアンダー、ぶどう


今回のワイン飯レシピは東京都目黒区の住宅街にひっそりと佇む一軒家のレストラン「tokiya」さんにお願いしました。

レストランと言っても、内装や雰囲気はカフェのようで、とても居心地がよく、料理はフレンチをベースに季節にあわせたオリジナルで、ここでしか食べられない味に出会えるレストランです。

材料:2人分


鶏肉 300g~350g
ボイル蛸 60g
巨峰もしくはピオーネ 4粒
プチトマト 4粒(普通のトマトでも可)
バジル 15g(市販ノパックで2パック)
コリアンダー 4束
めんつゆ 60cc
料理酒 30cc
マスタード 大さじ1
生クリーム 60cc
塩 少々3g
オリーブオイル 90cc
片栗粉 適量
塩レモン 適量

作り方


【1】めんつゆ、料理酒、マスタード、生クリーム、塩、鶏肉を30分ほど漬ける。











【2】バジルの枝を取って、葉っぱだけにしたら、塩を少々(3g)、オリーブオイルを入れてミキサーにかける。










【3】蛸を薄く切ったら、塩をふって、バジルの枝を刻んだものをかける。オリーブオイルをかける。










【4】葡萄とプチトマトを輪切りにする。










【5】【1】を片栗粉にまぶして、150度の油で揚げたら、一口大に切って塩をふる。※落とした片栗粉が3秒後に上がって来る程度の温度。










【6】【3】と【4】と【5】を盛りつけたら、コリアンダーを適当に切って乗せたら、【2】をかけて、塩レモンを適量かければ完成。お好みでベビーリーフや菊の花びらを散らす。








芸術的な仕上がりになりましたが、盛り付けは全てを混ぜるだけでも問題ありません。今回、唐揚げは1枚で揚げましたが、理由はよりジューシーに仕上がるからだそうです。

コリアンダーを利用することに驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、唐揚げ、蛸のマリネ、ぶどうたちと絶妙のバランスです。また、今回お届けする「グラン・コレ・デル・ゲルソ ヴィーノスプマンテ ロゼ エクストラドライ」のフレッシュで軽やかな辛口が、コリアンダーと寄り添っているんでしょう。

「グラン・コレ・デル・ゲルソ ヴィーノスプマンテ ロゼ エクストラドライ」が止まらなくなる逸品なので、ぜひ作ってみて下さい。

[レシピ提供] 学芸大学 tokiya
食べログ
東京都目黒区、学芸大学駅近くの住宅街にひっそりと佇む一軒家レストラン。フレンチをベースに、季節にあわせた創作料理を提案している。果物を取り入れた美しい料理の数々は、ここでしか出会えない芸術作品のようです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.