カウボーイが愛したワイン入りのコーヒー「ボブ・モーゼス・コーヒー・ワイン」で体をポカポカに!

私は秋が一番好きな季節です。風がひんやりとしだし、夏の猛暑を乗り切ったのだと思え、なぜかホッとします。そして自販機やお店のメニューに温かい飲み物が増えるのも嬉しい。

ホットドリンクを飲みながら、ぼんやりしたり、ゴロゴロするのが秋の楽しみの上位にあります。キッチン棚の奥に追いやられていた「あったかドリンクボックス」と命名したティーパックや粉末スティックを詰め込んだ箱を手前へ移動させれば、衣替えが済んだ気分になります。

あったかドリンクボックスの中にはココアやスキンミルク、紅茶にコーヒーと王道な面々ばかり。もちろん王道な彼らは、飽きる事などないのですが、今年の秋はひと味違ったホットドリンクも楽しみたい!

てなことで、ひと味違うホットドリンクに挑戦してみることにしました。

調べてみると、「ボブ・モーゼスコーヒーワイン」という見慣れない名前を発見。なんでも、コーヒーとワインを組み合わせちゃうとのこと!

コーラやカルピス、なにかと試してみましたが、ワインとコーヒーってなんだか抵抗感があります。しかし、この「ボブ・モーゼスコーヒーワイン」は古くから存在しているらしく、西部開拓時代にカウボーイ達に好んで飲まれていたらしいです。

      
カウボーイ達が飲んでいたなら試してみるしかない!早速準備開始です。

単純にインスタントコーヒーにワインを入れるだけではなく、赤ワイン50mlを水200mlで割ったものに、深入りのコーヒー豆15g、アーモンド粒10個そしてグラニュー糖小さじ1杯を投入。冷蔵庫でまる1日寝かせて完成。

そして、弱火で温めて飲みます。(電子レンジでもOK) コーヒー豆の浮いた赤ワインを眺めながら、こんなのでいいのか?と正直不安。おいしそうな雰囲気もあまり感じられません。でも1日寝かせればおいしそうになるのかな?期待と不安が入り交じりながら出来上がるのを待ちます。

翌日、濃い赤茶色になっていました。なんだかおいしそうな雰囲気も感じられます!蓋を開ければ、コーヒーとワインのフルーティな香りがフワッと広がります。さっそく温めてみます。

温めれば香りも一層引き立ちいい感じ。さっそく一口・・・。

「あれ?薄い。ちゃんと1日寝かせたのにおかしいな。」もう少し濃くてもいいのに。てっきりうまく作れなかったのかなぁと思ったのですが、よくよく調べると、薄くて正解とのことでした。


西部開拓時代、カウボーイ達は乾燥地帯を旅するので、喉の乾きを癒すためにコーヒーを飲んでいたらしく、一日に何杯も飲むので薄いコーヒーが好まれたそうです。

乾燥地帯でもなければ旅もしていないからか、私には薄過ぎました。プラス2日寝かせて丁度いい濃さだなぁと思いました。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.