カボチャ嫌いさんも食べれる「麻婆カボチャ」が赤ワインにピッタリ!

ハロウィンシーズン到来!ということで、今年もちょっとしたカボチャ料理に挑戦してみましょう。今回はカボチャ嫌いさんにもオススメ。苦手な理由で一番多いの「甘み」「ホクホク感」をキリッと解決してくれる大人マリアージュをご紹介します。

カボチャを美味しく調理するには「蒸し>茹で>レンジ加熱」。ゆっくりじっくり加熱すると、甘みが引き立って美味しいというのがセオリー。

それならこれを逆手にとってみましょう。カボチャの甘みが苦手なら、レンジ加熱は正解。更にちょっとだけ濃いめの味付けをすれば、決して主張しすぎない、ほどよく心地いい甘みに感じられます。

もちろん、仕上げはワインにおまかせ。酸味、苦み、渋みを補完してくれるワインを合わせれば、カボチャ料理をキリッと大人味に仕上げてくれます。身近にカボチャ嫌いさんがいるな~と、思いついたアナタ!是非一度、このマリアージュでお試しあれ。

材料:2人分


[難易度] ★★☆☆☆
[調理時間] 15分
カボチャ 1/4個(約400g)
A 挽肉 100g
A ニンニク 1片(すりおろし)
A ショウガ 1片(すりおろし)
A しょうゆ 大さじ2
A 砂糖 大さじ1
A ごま油 大さじ1
一味唐辛子 適宜

作り方


【1】カボチャは大きめのスプーンで種を取り、ひと口大(だいたい2cm角)の大きさにカット。電子レンジで加熱して柔らかくします。加熱時間は800wで5分、600wで6分半が目安です。

【2】ボウルにAをあわせ、菜箸でクルクル混ぜます。最初はシャバシャバですが、次第に水分量が均一になり水っぽさがなくなってきます。

【3】フライパンへ2を入れ、中火で加熱しながらポロポロに炒めます。挽肉の脂が出てくるので、油なしで炒めてもこびりつきません。

【4】【1】を加え、木べらで全体を絡めながら汁気を煮詰めます。汁気がなくなったら完成。器に盛り、お好みで一味唐辛子やラー油をかけて召し上がれ。

煮汁を含めてホクホク感をしっとり食べやすく、ちょっと辛めの味付けがカボチャの甘みを程よくマスキングしてくれます。ごはんのおかずやバケットサンドの具にもオススメです♪

合わせるワイン


赤ワインならカジュアルクラスのテンプラニーリョ。その小気味よさと甘い余韻が、カボチャ料理をキリッとさせながら後味を引き締め、最後まで雰囲気良く楽しめる印象です。

また、ドライで酸味もしっかりしたシラーやカベルネソーヴィニヨンは、複雑なスパイスとの親和性も高いので、ニンニク・ショウガもお手の物。

ハロウィンのテーブルを飾るなら、ワインも楽しくて幸せなものを!料理の守備範囲が広くて、気軽に飲めるデイリースパークリングなら、おうちで楽しむハロウィンのテーブルにピッタリ。

例えば、イタリアのトスティ。辛口ながらほんわかと甘い香りもあって、カボチャのほっこリ感に寄り添ってくれます。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.