これは知っておきたい!シャンパン(シャンパーニュ)を飲むときについ披露したくなる雑学5選

出典:http://katedeez.com/krug-champagne/
日本はシャンパン輸入量が世界第4位だってご存知でしたか?輸入額だけに着目すると輸入量第3位のドイツを上回っているほどシャンパンが大好きな国なんです。

シャンパンとはフランス・シャンパーニュ地方でつくられたスパークリングワインのことです。限られた品種を使用し、瓶内二次発酵(シャンパン方式=トラディショナル方式)であること、5気圧以上あること、ブドウは全て手摘みであること、など法律で細かく造り方が決められており、それゆえに極上の味を造り出しています。

今回は、年末に向けてシャンパンを飲む機会が増えていく中で、ちょっとした小ネタとして使えるようなシャンパンの知識をご紹介したいと思います。

シャンパーニュ地方では非発泡ワインも造られている


出典:http://winetimeshk.com/
シャンパーニュ地方には5つの地区があります。黒ブドウが多く栽培されいるモンターニュ・ド・ランス地区、ムニエが多く植えられているヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区、シャルドネを始めとする白ブドウが多く植えられているコート・デ・ブラン地区、コート・ド・セザンヌ地区、そしてロゼワインが有名で、栽培品種の8割がピノ・ノワールであるコート・デ・バール地区があります。

そう、シャンパーニュ地方はシャンパンばかり造っているわけではないのです。コート・デ・バール地区のリセ村で造られているロゼワイン「ロゼ・ド・リセ」、赤・白・ロゼワインをつくっている「コトー・シャンプノワ」もありますが非発泡ワインゆえなのか、あまり知られていません。

実はシャンパーニュ地方は、シャンパンの製法が普及する17世紀頃までは赤ワインの生産地として有名だったという歴史があるくらいなんですよ。

シャンパーニュの甘辛度を見分けよう


出典:https://winelibrary.com/
ワインには甘口があれば辛口もありますよね。スパークリングワインについては、この甘辛度がボトルのラベルに表示されているために、見分けることができます。

シャンパンは製造過程で滓引き(おりびき)をした後に、その目減り分をワインと糖分でつくったリキュールで補います。この「門出のリキュール」の添加量によって以下のように甘辛度が決定されます。

・Doux 50g/l 以上(極甘口)
・Demi-sec 17-32g/l(甘口)
・Extra dry 12-17g/l(甘口) 
・Brut 12g/l以下(辛口)
・Extra brut 0-6g/l(極辛口)
・Brut nature、Pas dose、Dosage zero 3g/l以下(極辛口)

とは言っても、国内に流通しているものはBrutが多いようです。最近では極辛口であるBrut natureやPas dose、Dosage zeroが流行しつつあるので、見つけたらぜひ試してみてくださいね。

なぜヴィンテージ表記なしのものが多いの?


非発泡ワインの場合、ヴィンテージ表記がないものは安価なテーブルワインであることが多いですが、シャンパンの場合はその8割にヴィンテージの表示がありません。

シャンパーニュ地方は冷涼でブドウが熟しにくく、年によって収穫量にも違いが出てくるために味の均一化を図る上でノンヴィンテージのワインが基本となっています。各メゾンはその年に収穫したワインを基本に、良質な収穫年のブドウでつくったリザーヴワインを混ぜてつくり看板となるスタイルを確立します。この場合最低の熟成期間が15ヶ月と定められています。

では、一方でシャンパンでも収穫年があるものはどうしてでしょうか?それは、その年のブドウを100%使用し最低でも36ヶ月熟成されたシャンパンです。低品質なものをリリースすることはなく、各メゾンが自信を持って送り出すために特別な仕上がりとなっています。

中には「サロン」のようにヴィンテージ・シャンパンでしかも単一品種で良質な年にしかワインをつくらないというメゾンもあります。

山路つかさ お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。 記事一覧 / プロフィール
Contents

関連コラム

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。