簡単で美味しい!「コンビーフとじゃがいものガレット・チーズ風味」の作り方


ワインラヴァーの皆様はワインのおつまみにじゃがいものガレットを作られる方も多いですよね。

いつものガレットにコンビーフとチーズをプラスして、しっかりとした味わいにチェンジすると一層ワインに合いますよ。

今回はカリカリの食感と香ばしさが魅力の「コンビーフとじゃがいものガレット・チーズ風味」をご紹介します。焼き過ぎかな?と思うくらいが美味しいですよ。

材料も少なくてとっても簡単です。ぜひ作ってみてくださいね。

材料:作りやすい量


コンビーフ 1/2缶
じゃがいも 大1個
塩・ブラックペッパー 適量
パルミジャーノ レッジャーノ 大さじ1
(もちろん粉チーズでも大丈夫です!)
オリーブオイル 適量

作り方


【1】じゃがいもはきれいに洗い、芽を取り除き皮を剥き千切りにする。(水には晒さないでくださいね)コンビーフは粗いみじん切りにする。

【2】【1】にパルミジャーノレッジャーノを混ぜ合わせ、塩・ブラックペッパー適量で味を調える。

【3】オリーブオイルで両面をこんがりと焼いて出来上がり。

・じゃがいものデンプン質で形を整えるため水には晒さないようにしてくださいね。
・ブラックペッパーは多めに入れるとスパイシーで美味しいと思います。
・ある程度焼けたら押さえつけるようにして焼き、崩れやすいため片面の焼き色がしっかりと付いてから裏返し、同じように焼いてくださいね。

合わせたワイン


MONTES S.A.
Montes Alpha Chardonnay 2014

生産地 : チリ カサブランカヴァレー
タイプ : 白ワイン
品種 : シャルドネ100%
アルコール度数 : 13.5%

モンテスはプレミアムチリワインの先駆者として世界中から信頼されていますね。1988年にチリのワイン業界をリードする4人で設立されました。今やチリのトップワイナリーとしてその名を馳せています。

モンテスアルファと言えばカベルネソーヴィニヨンが有名ですが、こちらのシャルドネも個性が光る逸品ですね。2014年に安倍晋三総理大臣がチリを訪れた際に午餐会で振る舞われたそうです。

美しく輝く黄金色、粘性もしっかりとしていて成熟度が高い印象です。トロピカルフルーツや黄桃のようなとってもフルーティーな香りで、バターのような香りも感じられますね。エレガントで複雑な味わいが魅力的です。クリーミーでふくよかなワインだと思います。

まとめ


いかがでしたか?

ワインに合うおつまみを作りたい!と思い立ってすぐに作れる簡単レシピです。カリカリと香ばしくて美味しいおつまみはワインも進みますね。チリのモンテスアルファシャルドネはカリカリの香ばしいお料理に寄り添ってくれました。フルーティーな赤ワインにも合いそうですね。

料理研究家/J.S.A.認定ワインエキスパート・J.S.A.ワイン検定講師/シャンパーニュ委員会プレステージュクラスディプロマ/C.P.A.認定チーズプロフェッショナル/日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエ・ベジフルカッティングスペシャリスト。 野菜とワインのマリアージュをテーマに神奈川県湘南の自宅で「Salon de Pinot Yuri」主宰。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.