乳製品メーカーが造るカマンベールチーズと本家フランスのカマンベールチーズは違うって知ってた?


日頃私達がよく目にするチーズと言えば、国内大手の乳製品メーカーが造るカマンベールではないでしょうか?スーパーへ行けば必ずといって良いほど売り場に並んでいますね。

しかし、日本で売られているようなカマンベールは、本家本元フランスのカマンベールとは製造方法が異なるため、見た目も味も随分違います。では、どのように違うのか、改めてその違いを確かめてみたいと思います。

ロングライフチーズとは?


日本の大手乳製品メーカーが造っているカマンベールはロングライフチーズです。

ロングライフチーズとは「包装後加熱殺菌済みナチュラルチーズ」のこと。つまり、熟成させたナチュラルチーズをプラスチック容器などに入れて密封し、加熱殺菌して造られたチーズです。

高温で殺菌されるので、チーズ由来の微生物は死滅し、酵素も失活するので、時間をおいても熟成しません。言い換えれば、賞味期限内なら、いつ開封しても食べごろの状態であるということです。

一方、フランスの伝統的なナチュラルチーズであるカマンベールは、製造後に加熱殺菌されないので、購入時もチーズ内には微生物が生きており、開封してからも熟成を続けます。ですから、熟成するにつれて、外観の白いカビは黄色みをおび、匂いも次第に強くなり、脂肪分の高いこってりとした濃厚なミルクの風味が増してくるのです。

ロングライフチーズの特徴


ロングライフチーズは、外観はきれいに成形されており、カビの生えたチーズの場合はカビが均一に生えそろっています。匂いはおだやかで、強い個性はありません。

熟成具合は程よく、冷蔵庫から出してすぐにカットしても、中身はやわらかい状態です。塩味も控えめでクセもなく、どなたでも食べやすいでしょう。尚、加熱殺菌しているので賞味期限は長く、概ね1年ほどあります。

最近はフランス産のロングライフチーズも輸入されており、白カビタイプだけでなくウォッシュタイプや青カビタイプもあります。

まとめ


日本人の味覚に合わせて造られている国産ロングライフチーズのカマンベールは、ワインやビールをはじめ、あらゆるお酒のおつまみに、こどものおやつに、そしてお料理にも使いやすく大変便利です。

ただ、ナチュラルチーズを食べ慣れた方なら、ロングライフチーズはちょっと物足りないと思われるかもしれません。そんな場合は、薄くスライスしてパンにのせ、オーブントースターで軽く焼いてみて下さい。とろりと脂肪分がとけ出して、熟成したチーズのような風味が味わえます。是非お試し下さい。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.