調理時間はたった5分!高級レストランの前菜「フォワグラのムース」を作ろう!

皆さんは缶詰のおつまみをワインのお供にしたことはありますか?

缶詰のおつまみは種類も充実していて、手軽さからも大人気ですね。特に缶詰のパテは、お酒のおつまみとしても美味しく高級感もあります。しかし、そのままいただくと、缶臭さが気になるところです。

そんな缶詰のパテに白ワインや生クリームを加えてクセをやわらげつつ、どっしりとした食感から、軽やかな口当たりのムースに変身させるレシピを紹介します。

今回は手に入りやすい「フォワグラパテの缶」に一工夫加えて「フォワグラのムース」を作ります。

材料:2~3人分


フォワグラのパテ 1缶(80g)
白ワイン 大さじ2
粉ゼラチン 小さじ1/4
生クリーム 大さじ2
塩胡椒 適量

作り方


【1】白ワインにゼラチンを振り入れてふやかし、600wのレンジで20秒ほど加熱し溶かす。溶かしたゼラチン、フォワグラのパテ、生クリーム、塩胡椒をフードプロセッサーで撹拌する。

【2】ココットに入れ、冷蔵庫で冷やし固めれば完成

生クリームや白ワイン、ゼラチンを混ぜて固めるだけなのでとっても簡単ですよ。パンやクラッカーに塗って贅沢気分を味わってくださいね。

また、もうすぐボジョレー・ヌーボーの季節です。ボジョレー・ヌーボーに合わせたい料理は、しっかりした味わいながらも、口当たりの軽いお料理が合うと思うので、ぜひ合わせてみて下さい。このフォアグラのムースとの相性も良いので、おすすめですよ。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.