ボジョレー・ヌーボーとも相性バッチリ!サツマイモと豚バラの照り炒め


朝晩の冷え込みがぐっと厳しくなってきた今日この頃。秋の夜長は部屋でのんびり、もちろん傍らにはワインとおつまみは欠かせません。

最近私が気になっているのは、サツマイモとワインの組合せです。そのまま蒸してスパークリングワイン、ローズマリーとオリーブオイルで焼いて白ワイン、そして特筆すべきは赤ワインとの相性で楽しんでいます。

バターで焼いて塩コショウするだけだったり、そこにハチミツをかけてみたり、焼肉のタレや中濃ソースをからめたり...。でも、一番のお気に入りは、甘辛い醤油味に仕上げたサツマイモです。

今回は味付けはいつもよりちょっとだけ薄めに、香ばしく焼いた豚肉の脂と合せてみました。ほっこりした甘さとしょっぱさのバランスに、赤ワインの果実味。ほどよい渋みが甘さを引き締めて、大人っぽい味わいに変身します。

材料:2人分


[難易度] ★★☆☆☆
[調理時間]10分
サツマイモ 350g
豚肉(バラ薄切り) 200g
タマネギ 1個
A しょうゆ 大さじ2
A みりん 大さじ2
A 砂糖 大さじ1

作り方


【1】サツマイモを皮付きのままラップでふんわり包み、電子レンジで加熱します。加熱時間の目安は600wで4分、800wで3分ほど。サツマイモはゆっくり加熱すると甘みが増しますが、おかずにしたい場合は急激に加熱するレンジ調理の方が、味なじみがよくなります。

【2】ラップをはずし、皮つきのまま一口大にカット。小さく切りすぎると崩れやすくなるので、気持ち大きめに。今回は1cm厚、2cm幅のイチョウ切りにしました。

【3】タマネギは繊維を断つ方向の横に薄切り、豚肉は一口大にカット。サラダ油少々(分量外)を中火で熱し、しんなりするまで炒めます。

【4】【3】に【2】を加えてさっと炒めあわせます。傷つきやすいサツマイモはあまり触らず、表面に香ばしい焼き色をつけるようにします。

【5】Aを加え、蓋をして弱火で5分程。味がなじんだら蓋をはずし、軽く汁気をとばすように煮からめて出来上がり。

器に盛りつけたら彩のパセリやシソを散らしたり、クリームチーズを手でちぎりながらトッピングしても美味しいですよ。

さて、何飲もう?

果実味豊かで軽やかな飲み口で、ほどよい渋みもある赤ワイン。スペインならカシスやブラックベリーの果実味が広がるガルナッチャ(グルナッシュ)、イタリアなら果実味と酸味とタンニンのバランスが良いサンジョベーゼ、まもなく解禁のボージョレヌーボーとも相性バッチリです。

秋の夜長に「さつまいもで赤ワイン」、ほっこりゆったりお楽しみください。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.