セブンイレブンの「ひとくちパンプキンケーキ」と白ワインの美味しい組み合わせ

秋の一大イベントと言えば、ハロウィンですね。上京したての頃、ハロウィンが盛大に祝われていることを知らず、10月31日に渋谷へ行き、経験した事がないほどの人混みに飲み込まれ、「人に酔う」というのを初めて知ったのを覚えています。

ハロウィン頃の渋谷は苦手なのですが、ハロウィン頃のコンビニは大好きです。なぜなら限定スイーツが沢山発売されるからです!!

栗やさつま芋などのスイーツは、以前から沢山発売されていたと思いますが、ハロウィンが盛大になってから、かぼちゃを使ったスイーツが増えたなぁと感じています。秋の食べ物で、ダントツでかぼちゃが好きな私。ハロウィンに感謝が止まりません。

さて、秋のコンビニスイーツをほぼ毎日楽しんでいるのですが、1番気になったスイーツがあります。それはセブンイレブンの「ひとくちパンプキンチーズケーキ」です。

モンブランやプリンになった商品はよく見かけるのですが、チーズケーキは初めての出会い。食べずにいられる訳がありません。迷わず購入です!

ちなみに、私にはスイーツの食べ方が、単純にスイーツだけを楽しむ場合とお酒と一緒に楽しむという2パターンあります。今回は初めて見かけた時から、白ワインと絶対合うな〜と思っていたので、白ワインと一緒にいただきます。
       
蓋を開けてみると、中には9個入っています。チーズケーキの底はしっとりしたココアクッキーになっています。

まずは一口。かぼちゃとクリームチーズ、両方の味がしっかり分かります。商品によっては、クリームチーズの味しかしない物もあるのですが、これは絶妙に2つの味を感じられました。舌触りも、かぼちゃのペースト感がしっかりあり、さらにココアクッキーのしっとり感がクセになります。

そして白ワインとの相性ですが、思った通り抜群です。白ワインのあっさりした味と濃厚なクリームチーズが良く合います。

9個もあったのに、気づけばペロリと完食してしまいました。夜遅い時間に食べたので、完食してしまったことに後悔の気持ちが出てきましたが、美味しくて、幸せな気分になれたので、良しとします!
ちなみに冷凍庫で少し冷やすと、味がより濃厚になり、食感も少し変わっておいしいです。是非、試してみてください。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.