もちもち食感!春巻きの皮を使ったチーズとオリーブのサクサクパイ

春巻きの皮といえば、中華料理の定番と思っていませんか?実は、ワインのおつまみが欲しい時、冷蔵庫には冷たいチーズとオリーブしかない時、そんなときにも活躍してくれる万能アイテムなんです。今回はそんな春巻きの皮を使った「チーズとオリーブのサクサクパイ」をご紹介します。

とにかく、春巻きの皮を常備しておけば、様々な料理に使えるので、アレンジも豊富。残ったおかずや好きな具材をくるりと巻いてオーブンで焼くだけで素敵なおつまみに変身してくれます。

フランス料理ではパリッとした薄いパイ生地にパートブリックという生地が使われています。パートブリックとは、クレープよりも薄く、パリッとしていながらもっちりした生地で、日本でもフランスから輸入した冷凍生地が市販されています。

しかし、パートブリックのような本場の生地を使わなくても、春巻きの皮とオリーブ油でパートブリックになるんです。春巻きの皮にオリーブ油を塗ることで、サクサク感が出てパリッと焼き上がります。

材料:2本分


春巻きの皮(大判) 2枚
スライスチーズ 2枚
グリーンオリーブ 6個
オリーブ油 適量

作り方


【1】春巻きの皮に、折りたたんだスライスチーズとオリーブ3個をのせて包む

【2】刷毛でオリーブ油を全面に塗る。

【3】オーブントースターで焼き目が付くまで焼く。

まとめ


春巻きの皮はすでに蒸しているので火の通りがよく、焼き色がつくころにはサクサクに仕上がっています。今回はチーズとオリーブを使いましたが、他にも色々とアレンジができるのがこの料理の良いところです。

他にも市販のポテトサラダやピラフなど、何を包んでも美味しくてオシャレな一品が簡単に作れます。また、デザートとしても使用可能なので、「アップルパイ」も春巻きの皮でアレンジしてあげましょう。

焼きたてサクサクの温かいおつまみは、おもてなしにもぴったりなので、ぜひ試してみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.