えっ?本当に?ボジョレー・ヌーボーのおつまみに甘い醤油味の揚げ煎餅がぴったり!

ボジョレー・ヌーボーはチャーミングな果実味とキレイな酸、渋みは柔らかく軽やかな飲み口なので、お料理も贅沢で手の込んだものより、手軽なおつまみの方が好相性です。

ハムなら熟成タイプよりロースハム、チーズならカマンベールのようなクリーミーでクセのないもの。チョコレートはカカオのインパクトが強すぎない物、オススメはホワイトチョコレート。酸を和らげまろやかになり、フルーツに生クリームをかけたようなニュアンスになります。

きんぴら・やきとり・肉豆腐・肉じゃがなど、甘い醤油味とも相性抜群。和惣菜に香りと酸味がのって上品な味わいになり、ふわっと広がるほのかな果実実がなんとも心地よいのです。いつもより「ちょっと甘め&ちょっと薄味」に仕上げるのがポイントです。

そういえば、この甘い醤油味で、もっと手軽に食べられる物がありますよね?そう、揚げ餅せんべい!コンビニでも手軽に買えますが、こちらはちょっと濃いめの味付けなので、あわせるボージョレ・ヌーボーも比較的しっかりタイプの物をチョイス。フレッシュな果実味が繊細なボージョレ・ヌーボーに合わせるならこちら!

こだわりのあられ・おかきで有名な"もち吉"の揚げせんべい「太陽の輝き」。ほんのりオレンジに染まり、コロンと丸いシルエットはまさに太陽の輝き!国内産米、福智山山系地下天然水、上質な米油など、贅を尽くした逸品です。

まろやかな醤油味とすっきりした甘み、素材の味を邪魔しない上品な味付け。一般的な揚げせんべいより厚みを感じますが、サクサク止まらない軽やかな食感。揚げせんべいなのに、油っぽさを一切感じさせません。しっかりタイプも繊細なタイプも、幅広いボージョレ・ヌーボーと合わせられます。

同じくもち吉の、ちょっと変わり種「ふくよか餅」。豆のように見えるのはアーモンド!和と洋の融合が何とも楽しい商品です。かじった瞬間、ふくよかの名前になるほど!と呟いてしまう、見た目以上にふっくらふくよか。サクサクとこぎみよい食感と、ほどよい口どけにうっとり。ボージョレ・ヌーボーとは繊細なもの同士、これもまたおもしろいマリアージュです。

揚げせんべいとボージョレ・ヌーボー、このカジュアルさ、何だかワクワクしませんか?年に1度のワインのお祭りにワクワクしながら、気取らず自由に。今年のボージョレ・ヌーボーはやんちゃな大人スマートで乾杯!

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.