ロマネ・コンティにも使用!エレガントなブドウ品種「ピノ・ノワール」の特徴とは?

ワインには様々なブドウが使われていますが、中でもワインの王様とされるロマネ・コンティにも使われている品種ピノ・ノワールは世界中のワインファンに一目を置かれています

今回はそんなピノ・ノワールについて、少し詳しくご紹介したいと思います。

原産は仏・ブルゴーニュ地方


フランスのワイン銘醸地であるブルゴーニュ地方を原産とするピノ・ノワールは、果皮が黒い黒ブドウの品種になります。他にもシャンパーニュ地方、ロワール地方をはじめとするフランス全土でつくられています。

ピノ・ノワールは赤ワイン以外にも白のシャンパーニュの原料としても有名で、ふくよかで上品なまろやかさを生み出します。かつてはブルゴーニュ地方以外での栽培が難しいと言われていましたが、アメリカのカルフォルニア州やニュージーランドでの栽培が大きな成功を納め、世界中で栽培されるようになりました。

特に近年、アメリカではピノ・ノワールを使用した高級ワインが注目されています。カリフォルニア州ナパ・ヴァレーで造られたピノ・ノワールのワインは、果皮が厚いことからワインの赤色がとても濃く、味わいも上品さの中に力強さがあり多くのファンを獲得しています。

また、南米のチリのものは手軽でサラッとした口触りが飲みやすく、ブルゴーニュ地方のものに比べたらカジュアルな表情を垣間見ることができます。

他にもイタリア、アルゼンチン、オーストラリア、ドイツなどで栽培されており、「ピノ・ネロ」や「シュペートブルグンダー」、「ブラウブルグンダー」、「グロ・ノワリアン」など、国によっては違う名前で呼ばれています。

複雑さと上品さが特徴


ピノ・ノワールはタンニン分が少なく、単一品種、つまりブレンドされることが少ない品種です。とても繊細で栽培が難しい高級品種らしく、丁寧に造られた上級ワインは複雑で気品のある味わいと香りを内包しています。

特徴的な香りはフランボワーズ、カシス、ブラックベリーなどの果実味や生果肉、穏やかなスパイス香と言った複雑さの元になる香りも含むことがあります。熟成が進むにつれて動物的なニュアンスやなめし皮、森林などが感じられるようになるために、良質な静かさを印象に持つ人が多いようです。

舌触りは何ともいってもシルキーさが格別で、その舌触りをビロードに例えることもあるほどなんですよ。

複雑さがその魅力の秘訣とも言えるために多くのファンを虜にする一方で、苦手だという人も少なくはありません。しかし、そんな人たちも口を揃えて「ポテンシャルのあるピノ・ノワールは素晴らしい」と言うように、ワインの本質を有している品種だと言えるのかもしれませんね。

山路つかさ お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。 記事一覧 / プロフィール
Contents

関連コラム

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。