幅広いワインと相性がよい!濃厚なアボカドソースと炙りマグロのレシピ

ホームパーティーでは、見栄えして美味しいおつまみで盛り上げたいですよね。今回はマグロとアボカドを使ったオススメ料理をご紹介します。

マグロの表面に焼き色つけて中はレアに仕上げるので、手間がかかっているお料理に見えますし、マグロの赤色とアボカドの緑色のソースが白いお皿に盛り付けると、色合いも綺麗でテーブルが華やかになる一品です。

材料:2~4人分

マグロのサク 200~250g

塩  小さじ1/3程

胡椒 少々

にんにく 小1粒

オリーブオイル 大さじ1と1/2

アボカド(熟れたもの)1/2個

A みりん 大さじ2

A 醤油 大さじ1

作り方

【1】マグロは塩、こしょうを全体にする。にんにくは薄くスライスし、アボカドは種と皮を取り除いておく。 【2】フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火でにんにくをきつね色になるまで炒め取り出す。 【3】【2】のフライパンにマグロを入れ中火で焼き、返しながら全面に焼き色をつけ取り出す。※中はレア状態に仕上げるので、表面は軽く焼き色つける。 【4】アボカドソースを作る。同じフライパンに手でアボカドを粗く潰しながら入れ中火で炒め、弱火にしてAを入れて、30秒程混ぜながら炒め煮にする。 【5】マグロは5~7mm幅に切り皿に盛り付け、【4】を添える。

使用するマグロは、メバチマグロなど手頃な価格帯のモノでも美味しくできます。また、マグロは生でも美味しいのですが、表面をガーリックオイルで焼く事で香ばしく、味わいにコクが出て肉のような風味になります。

マグロとアボカドはビタミンD、Eやその他の栄養素も多く含まれていて、栄養的にもすぐれている食品です。合わせて食べる事で生活習慣病の予防やアイチエイチング効果も期待できます。

マグロの表面をソテーして香ばしくしている点、濃厚な合わせるワインは、アボカドソースから、スパークリングワイン、白ワイン、ロゼワイン、軽い赤ワインなど幅広く合わせられることができます。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.