見た目にもキュート!ナッツとドライフルーツのはちみつ漬けのレシピ

先日、オシャレスーパーでナッツやドライフルーツのはちみつ漬けが瓶で売られていました。チーズと組み合わせたり、お肉のソースにも使ったりできるとのこと。チーズとあわせたら、素敵なおつまみになりそう!と、惹かれつつ、「自分で作れそうじゃない?」と思い、早速自宅で挑戦してみました!

簡単でおいしく、ワインにもぴったりでしたので、レシピをご紹介させて頂きますね。

材料:作りやすい分量

お好みのドライフルーツ 30g

お好みのナッツ 30g

はちみつ 120g程度

作り方

【1】ドライフルーツとナッツは5mm程度に刻む。

【2】ドライフルーツを先に瓶に入れて、その上にナッツを入れ、はちみつを注ぐ。1日以上おいて完成。常温で保存できます。

今回使用したドライフルーツは、レーズン、クランベリー、パパイヤ、パインのミックスのもので、ナッツはアーモンド、くるみ、カシューナッツ、ピスタチオです。

適当に入れても味は変わりありませんが、層になるように種類ごとに入れていくと、仕上がりがきれいになってキュートです。瓶を飾っておくだけでも見た目にも楽しめてオススメです。

チーズとワインと組み合わせて!

ナッツとドライフルーツのはちみつ漬けを、今回はゴルゴンゾーラとバケットと一緒に盛り付けて、ワインと楽しみました。ワインは、コクのある甘めの白と頂きました。スパークリングでもよさそうです。

チーズはマスカルポーネやクリームチーズ、カマンベール等もおいしそうです。合わせたいワインによってチーズの種類を変えたり、反対にチーズに合わせてワインを選んだりと、楽しみ方が豊富にありそうですね。

このナッツとドライフルーツのはちみつ漬け、色々な料理に使うことができそうですが、ワインとチーズが好きな方にもたまらない1品です。常備しておけばすぐに1品できるので、これからイベントが多くなる機会にも役立ちそうです。お好みのチーズとワインで色々なバリエーションを楽しんでみて下さいね!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.