ミカンを丸ごと加えて一緒に煮る!温州ミカンのコンポートとホットワインのレシピ

ヨーロッパの各地では、クリスマスに向けて露店のマーケットが立ち並びます。クリスマスの4週間前からクリスマスの準備が始まり、建物は日増しに色とりどりにデコレーションされます。

広場には沢山のクリスマスマーケットが立ち、至る所でイルミネーションが輝き始めます。陽が落ちるとクリスマスマーケットはオレンジ色の光に包まれ、さらに賑わいます。

夜はとても寒いのですが、人々はホットワインで体を温めながら、寒さまでも楽しむかのようにマーケットを散策するのです。

手軽に楽しめるホットワインをアレンジ

日本でも、寒くなるとホットワインを楽しまれる方が多いと思います。最近はカフェのメニューでもホットワインを見るようになりました。ホットワインは甘口の赤ワインにシナモンやクローブ、ジンジャーなどのスパイスを漬け込み、好みではちみつを加えたホットドリンクです。

今回ご紹介するホットワインはミカンを丸ごと加えて一緒に煮る、オレンジ風味です。煮たミカンはコンポートとして楽しめますよ。

材料:4人分

温州ミカン 4~6個

赤ワイン 約300ml

はちみつ 大さじ1~2

作り方

【1】ミカンの皮を剥き、鍋に入れる。 【2】はちみつと赤ワインを加えて中火で沸騰させ1分ほど煮て火を止める。冷めるまでそのまま置いておく。 ミカンのコンポートは冷めてワインがしみこんだら出来上がりです。そのまま食べるほか、ヨーグルトに加えると美味しいですよ。横に輪切りにするとインパクトのある見た目になるので、おもてなしのデザートにもおすすめです。

ミカンの風味がほんのり移った赤ワインは、レンジで軽く温めて飲みましょう。ビタミンCとポリフェノールの効果が期待できますね。体が温まり、寒い季節も元気に過ごせますよ。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.