ホットプレートで簡単!とろっとろのチーズを絡めたチーズタッカルビ風のレシピ

鍋料理が恋しい季節になりましたね。この冬私が最も注目しているのは甘辛「タッカルビ」。ブツ切りにした鶏肉を野菜と一緒にテッパンで焼き、コチュジャンをベースにしたタレで炊く韓国料理です。 最近では、チーズに絡めてフォンデュのように食べるスタイルが人気!専用の鉄板は日本のキッチンには馴染みがありませんが、人気のホットプレートを活用すればとってもカンタン!甘辛いタレにとろ~りチーズで、お肉も野菜もモリモリいけちゃう!この冬何度もリピートしたい、お手軽アレンジレシピをご紹介しましょう。

材料:2人分

[難易度] ★★★☆☆

[調理時間]20分

鶏もも肉 400g

ニンニク 1片

A しょうゆ 大さじ2

A 砂糖 大さじ2

A 豆板醤 小さじ1/2~1

ニンジン 1本

タマネギ 1個

もやし 1袋

ニラ 1束

ミックスチーズ 100g

作り方

【1】鶏肉をひと口大にカット。厚手のポリ袋にAの調味料とすりおろしたニンニクをあわせ、鶏肉を軽くもんで10分ほどなじませます。 【2】ホットプレートをMED(中)で加熱し、【1】の汁気をきってのせます(漬け汁は捨てずにとっておきます)。途中返しながら5~6分ソテーし、表面にこんがり焼き色をつけて一旦取り出します。プレートに残ったお肉の旨みはふきとりません。 【3】ニンジンを短冊切りに、タマネギをくし型にカット。あいたホットプレートにのせ、肉汁をからめるように2~3分、しんなりするまで炒めます。 【4】もやし、3cm幅にカットしたニラ、取出しておいた鶏肉の順にのせ、残しておいた漬け汁をかけます。蓋をして2~3分、蒸し焼きにします。 【5】ミックスチーズを散らして更に1~2分、チーズがとろけたら出来上がり!ホットプレートを保温にし、アツアツを召し上がれ。途中まで食べたらうどんと卵を加え、ジュージュー焼きうどんを作るのも楽しいですよ。

さて、何飲もう?

スパイスを効かせた料理にも負けない、力強さのある赤ワイン。タンニンのしっかりしたカベルネ・ソーヴィニヨンや、スパイシーなシラーズ、辛味と相性の良いモンテプルチアーノダブルッツォやサンジョヴェーゼ。甘み、辛み、苦みが三位一体となり箸が進みます。

スッキリした白ワインも面白いでしょう。ポイントはニラ。爽やかでハーブ草感のあるソーヴィニヨン・ブランなどを合わせると、香草の不思議な仲間同士にも感じられます。

いずれにしても、飲んだ瞬間の爽快感やインパクトが強いもの、切れ味のいいワインがおススメ。お高いワインより、むしろデイリーワイン的なもののほうが気持ちよく楽しめると思います。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.