チーズ好きさん必見!大好きなチーズをもっと楽しむために欠かせない道具たち

ワインを好きな人がたいていグラスやオープナーにこだわっているのと同様に、チーズに興味を持ち始めると、専用の道具もまた欲しくなってしまうものです。

というわけで、今回はチーズを好きになり始めた方へ、チーズをより美味しく楽しむための道具をご紹介したいと思います。

切る道具

ペティナイフのような小型のナイフは既にお持ちの方も多いでしょうから、もしチーズ用に別途ナイフを購入するなら、切ったチーズがくっつかないよう、刃に穴の開いたものをおすすめします。チーズ専用のナイフは、切ったチーズを刺して持ち上げるために先が割れているものが多いです。

GSホームプロダクツジャパン
GS 18-8 シェフランド チーズナイフ(9981-266)
Amazonで見る

すりおろす

パルミジャーノ・レッジアーノをはじめ、ハードタイプのチーズや固くなったチーズをすりおろす時に使うおろし器。これは、最初に揃えたいチーズ道具です。

ですが、チーズ専用の物というよりは、野菜など他の食材をすりおろすのにも使えるおろし器でかまいません。市販されている粉チーズと、食べる直前にすりおろしたチーズの味の差は歴然です。

Microplane (マイクロプレイン)
Microplane プレミアム ゼスターグレーター ブラック MP-0611
Amazonで見る

スライスする

ハードタイプのチーズは小さくダイスカットするのも良いですが、スライスして盛り付けると見た目が華やかになります。また、トーストやハンバーグにのせるなど、スライスしたチーズはお料理にも使い勝手が良いのでスライサーがあるととても便利です。シャベル形のものが一般的です。

Zwilling J.A. Henckels
Zwilling Twin Cuisine チーズスライサー 39709-000
Amazonで見る

盛り付ける

カッティングボードは、そのまま食卓に置くことができ、チーズを口に入れる直前にカットすることができるので、とにかくひとつは持っておきたい道具です。

普段使っているまな板でカットすると匂いもまな板に付いてしまいますし、柔らかい白カビタイプのチーズなどをカットすると、中身が流れ出てまな板にくっついてしまうので、無理に皿に取り分けると見た目が汚くなってしまいます。

カッティングボードは、色々な素材のものが市販されていますが、やはり木製のものがどんなチーズにも合わせやすいでしょう。大理石など石材製のプレートは予め冷やしておくと冷たさを維持できるので、ホームパーティーで時間をかけてチーズを食べる時などにおすすめです。

ChaBatree (チャバツリー)
チャバツリー ライラ サービング ボード レクタングル S 革紐付 CU68
Amazonで見る

保存する

ジップロックなどのプラスチック容器でもかまいませんが、琺瑯(ホーロー)の容器なら匂いうつりすることがないので、強い匂いのチーズも気にせず長期間保存することができます。保存の方法については以前のコラム「チーズの正しい保存方法」も是非ご参照下さい。

野田琺瑯
野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M
Amazonで見る

まとめ

今回はチーズをより楽しむための道具を色々とご紹介しました。これらの道具を全て揃えなくてもチーズを美味しく食べることはできますが、専用の道具を使った方が格段に見た目が美しくなるので気分は上がります。奮発して買ったチーズなら尚更、味わいだけでなく見た目も楽しみたいですね。

ホームページ | instagram
ワインコーディネーター/ワインライター。
フランス留学後、ワイン専門店勤務を経て、ワインコーディネーターに。
飲み頃や旬を大切にワインとチーズの魅力を伝えるサロン「Wine Salon d’Ourse」主宰。飲食店や食のイベントプロデュースの他、ライターとしてワインやチーズに関する情報も発信している。
J.S.A.ソムリエ / C.P.A.チーズプロフェッショナル

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.