ルッコラとくるみ棒々鶏

今回のワイン飯レシピは、家ワインのコラムでも度々登場する料理研究家・かわごえ直子先生にお願いしました。

ご紹介するレシピは「棒々鶏」です。単なる「棒々鶏」ではなく、ワインに寄り添うようにくるみとルッコラを使っています。一見難しそうに見えますが、ささみ肉はレンジでチンして、くるみは細かく潰すだけの簡単レシピです!

簡単なのに見栄えがする料理です。おもてなしのテーブルが華やぐ前菜にぴったりなので、ぜひ作ってみて下さい。

材料:2人分

鶏ささみ肉 3本

塩 小さじ1/2

胡椒  少々

白ワイン 大さじ1

無塩くるみ 40g

A 白ねりごま 20g

A 砂糖 大さじ1

A みりん 大さじ1

A 酢 大さじ1

A 醤油 小さじ1

A 豆板醤 小さじ1/4

ルッコラ 適量

オリーブオイル 少々

塩 少々

くるみ(仕上げ用) 少々

作り方

【1】鶏ささみ肉は筋を取り、耐熱皿において塩と胡椒をふりかけて、上から白ワインをかける。ラップして電子レンジで加熱する。(加熱時間:600w-2分30秒)

 

 

 

 




【2】粗熱が取れたら手で割いて、耐熱容器に残った鶏汁に絡ませておく。

 

 

 

 





【3】無塩くるみは粗く砕いた後、すり鉢でなめらかにしたらAを混ぜる。(すり鉢がない場合は、厚手のビニール袋に入れて麺棒等で細かく潰しても良い)

 

 

 

 




【4】【3】に【2】を混ぜて器に盛り、食べやすい長さにしたルッコラを上にのせる。ルッコラの上に塩と粗く砕いたくるみ(仕上げ用)を散らして、最後にオリーブをかける。

 

 

 

 

 

今回お届けする「シャトー・ジゴニャン コート・デュ・ローヌ ブラン」には酸味と後口に残る苦味があるので、くるみを使って皮の苦味と合わせて調和させました。 ボリューム感のある白ワインなので、ささみのような白身肉にピッタリです!

おすすめの記事

ワインのお悩み相談室!初心者が抱える悩みを葉山考太郎先生が解決します。

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

VRでワイナリーを疑似体験できる!「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.