ロール豚と下仁田葱のオイスター赤ワイン煮込み

今回のワイン飯レシピは、家ワインのコラムでも度々登場する料理研究家・かわごえ直子先生にお願いしました。

ご紹介するレシピは「ロール豚と下仁田葱の オイスター赤ワイン煮込み」です。2種類の豚肉を使うことで、新しい食感を楽しめるロール豚です。そして、下仁田葱の甘くとろけるような食感も楽しめます。

赤ワインで煮込むことでコクがプラスされシチューよりも濃厚で芳醇な仕上がりになります。メイン料理として映える一品が食卓を豪華に飾ってくれるでしょう。

材料:2人分

豚薄切りバラ肉 80g

豚薄切りロース肉 80g

塩 少々

胡椒 少々

下仁田葱 1本

ごま油 適宜

バター 10g

A みりん 50ml

A 赤ワイン 100ml

A オイスターソース 大さじ1.5

A にんにく(みじん切り) 1片

A 胡椒 少々

※豚肉は共にしゃぶしゃぶ用 ※合わせにはマッシュポテトを使用

作り方

【1】豚薄切り肉は共に両面に軽く塩・こしょうをする。豚ロース薄切り肉をおき、上にバラ薄切り肉をのせ、手前からゆるめに巻く。

【2】下仁田葱は葉部分を取り除き、5cm程の長さに切る。バターは4等分に切り冷蔵庫にいれておく。

【3】フライパンを熱しごま油を入れ、ロール豚の巻きじめを下にして焼く。巻きじめがくっついたら、全面に焦げめがつくよう、ひっくり返しながら焼く。

【4】全面に焼き色が付いたら、弱火にして下仁田葱と合わせたAを入れて、蓋をして20分程煮る。※弱火でなければ煮汁がなくなるので必ず弱火で煮る。

【5】煮汁に細かくした冷たいバターを1個づつ溶かし、トロミをつけながら煮て仕上げる。

【6】仕上げに塩で味を整えて、合わせと一緒に盛り付ける。※塩はお好みで

驚いたのは下仁田葱の存在感です。豚肉とワインの相性が良いと思って食べてみると、下仁田葱に寄り添うではありませんか!?

そして豚肉の絶妙な柔らかさは、下仁田葱に巻くところで「ゆるめ」に巻くことがポイントだそうです。ここをきつく巻いてしまうとお肉が固くなってしまうので、気を付けて下さい。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.