白ワインと塩だけ!絶品とろけるカマンベールのオリーブオイル鍋の作り方

朝晩の冷え込みがグッと厳しくなり、アツアツ鍋が恋しい季節になりました。本日は簡単!ヘルシー!美味しい!この冬大注目の蒸し鍋をご紹介しましょう。

用意するのは白ワインと塩、そしてオリーブオイルだけ。お好きな具材を鍋に入れて、蓋をして蒸すだけと、作り方もとってもシンプル。蒸してる間にワインの栓をあけたりグラスを用意したり。あっという間にホカホカディナーの準備完了です。

白ワインは飲んでる物をこぼしちゃってもいいのですが・・・抜栓してから時間がたって、酸っぱくなってしまった物でも美味しく調理してくれます。酸がおだやかな白ワインを使う場合は、仕上げにレモンをキュッと絞ってあげると引き締まった美味しさに仕上がりますよ。

材料:2人分


[難易度] ★★☆☆☆
[調理時間] 15分
カマンベールチーズ 1個
キャベツ 1/4個
もやし 1袋
ウィンナー 90g
ミニトマト 4個
オリーブ 4個
A 白ワイン 50cc
A 塩 小さじ1
オリーブオイル 大さじ1~2
粗挽き黒コショウ 適量

作り方


【1】キャベツは堅い芯の部分を切り落とし、食べやすい大きさにカットします。大きさは揃ってなくてもOK。ザクザク切って、鍋に敷き詰めます。

【2】キャベツの上にもやしをバサッとのせ、全体にA(白ワイン・塩)をかけます。加熱すると自然と馴染むので、ここでは混ぜなくてもOK。蓋をして弱~中火で10分加熱します。

【3】キャベツ・もやしからほどよく水分が出て、量は半分くらいに。斜めにカットしたウィンナー、輪切りにしたミニトマト・オリーブを散らし、蓋をして更に2~3分加熱します。

【4】カマンベールチーズを8等分にカットしてトッピング。カマンベールチーズは溶けやすいので、火からおろして蓋をし、予熱で温める程度がちょうど良い柔らかさになります。テーブルで、粗挽き黒コショウ・オリーブオイルをたっぷりかけて召し上がれ。

さて、何飲もう?

一緒にいただいたワインは、ちょっと酸味のある白ワイン。フローラルより、グレープフルーツなど柑橘系のニュアンスを感じる軽やかなタイプ。ホクホク温まるお料理なので、ワインはちょっと冷やしめで。

赤でもロゼでもスパークリングでも、その日の気分で合わせられます。ワインに合わせてチーズの種類を変えてみたり、塩をハーブソルトなどフレーバーのある物やミネラルを感じる粗塩にしてみたり、柚子胡椒や粒マスタード、すりおろしたニンニクや生姜をプラスしてみたり。お好みのアレンジをお楽しみください。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.