止まらない美味しさ!パタタ・フリタス・トーレス社のプレミアムポテトチップス「トレース」

帰りにコンビニでおつまみ。ワインのお供となると何だか高尚なものを選びがちですが、もっとカジュアルに、好きなものを合わせて楽しみませんか?家で飲むならセオリーに拘りすぎず、気分に合うかどうかも大切なマリアージュの要素です。 例えばポテトチップス。そんなジャンクな物を合せるなんてとんでもない!と思われがちですが、「ジャガイモである」と考えれば抵抗感もなくなるはず。今夜のワインの味わいに合わせ、フレーバー選びを楽しむのもなかなかいいものです。

今夜はちょっとだけ気分よく飲みたいな、というシチュエーションなら、とっておきの贅沢ポテトチップス。昨年の冬、売切れ続出だった評判のポテチがコンビニに帰ってきました!バルセロナ発、パタタ・フリタス・トーレス社の厳選ポテトチップスをご紹介します。

世界で注目のポテトチップス

トーレス・セレクタシリーズは、厳選した原材料で作り上げた同社のプレミアムライン。 品質の高い丁寧な造りに定評があり、イギリス、フランス、アメリカでも人気の商品です。薄切りでパリッと軽い食感。味付けは素材の味を生かすシンプルな薄塩で、噛みしめるごとにジャガイモの旨みと甘みがじんわり広がります。

素材の良さを生かす味付け

光にかざすと透き通るような美しい揚げ姿に、スペイン産黒トリュフのツブツブが見えます。物足りなさを感じない芳醇な香り、とはいえ、ジャガイモの風味を決して邪魔することのない上品さ。 多ければいいってもんじゃないんです、下品な味付けはいけません。主役はあくまでもジャガイモ。トリュフの香りも、味付けも、ジャガイモの美味しさを生かす為の脇役なんだなと感じさせます。

全4種類のフレーバー

1袋40g入りで300円。ポテチとしては少しお高いのですが、お値段以上の贅沢を堪能できます。赤ワインなら軽めからしっかりボディまで、個人的にはキリっと冷やしたスパークリングワインを合せるのもお気に入りです。

パタタ・フリタス・トーレス社の「トーレス・セレクタシリーズ」は、他にもコルドバ産エキストラバージンオリーブオイルで揚げた「100%エキストラバージンオリーブオイル」、スペイン産ローズマリー・タイム・オレガノを使用した「地中海ハーブ」、スペイン・イビサ島産の塩を使用した「地中海ソルト」、乾燥させたスペイン・カタルニア産のキャビアのアロマで風味づけした「キャビア」をラインナップ。どれもワインのお供にバッチリです。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.