驚くほど簡単に作れる!ワインによく合う牡蠣のオイル漬け

秋から冬に旬を迎える牡蠣 は鍋に入れたり、味噌煮にしたり、大人気の食材です。「生の牡蠣にレモンを絞ってシャブリに合わせるというのが定番の楽しみ方でしょうか。

牡蠣とシャブリはベストマリアージュというのが定説になっています。

シャブリとはフランス、ブルゴーニュ地方で作られる白ワインで、キリッとした辛口です。爽やかな酸味があり、ミネラル感も豊富なワインで、レモンを絞っていただく牡蠣に、シャブリの酸味はよく合います。

シャブリが生産される地域はキンメリジャンと呼ばれる、貝殻などからできている石灰質の土壌が広がっているため、ワインのテロワールにつながっているのです。海の牡蠣と、風味がリンクするわけですね。

今回は保存も利いて、「これを手作りしたの?」と驚かれるおつまみをご紹介します。フライパンで焼いて、オリーブ油に漬けるだけの簡単レシピです。 ワインにとっても合うので、ぜひ作ってみて下さい。

材料:作りやすい分量

牡蠣(加熱用)150g

白ワイン 大さじ1

オイスターソース 大さじ1

にんにく 1片

ローリエ 1枚

黒胡椒(粒)小さじ1/2

オリーブ油 適量

作り方

【1】1リットルの水に塩を大匙1ほど入れて塩水を作り、牡蠣を洗う。キッチンペーパーで水けを取る。 【2】テフロン加工のフライパンで、牡蠣を焼き付けるように炒める。 【3】白ワインを加え、アルコール分をとばす。 【4】オイスターソースを加えて混ぜ合わせる。 【5】粗熱を取った牡蠣、にんにく、ローリエ、黒胡椒を瓶に入れ、オリーブ油をひたひたに注ぐ。

牡蠣を炒める時には、あまり動かさず焼き目をつけましょう。3分ほど加熱してしっかり火を通します。オイスターソースの濃厚な風味が加わるので赤ワインにもよく合います。 牡蠣のオイル漬けは、ゆでたてパスタに合えるのもおすすめです。また、焼いたバゲットにのせるとお洒落なタルティーヌになります。漬けておいたオイルも、パンにつけたり、蒸した野菜にかけたり、全部美味しくいただけます。

クリスマスや年末年始のおもてなしに、ぜひ作ってみてください。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ワインのお悩み相談室!初心者が抱える悩みを葉山考太郎先生が解決します。

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

VRでワイナリーを疑似体験できる!「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.