レンジで5分の簡単メインディッシュ!白身魚のカルトッチョ

寒い日は温かい料理と一緒にワインを楽しみたいですよね。しかし、煮込み料理や蒸し料理は時間と手間がかかります。今回は、そんな悩みを解決できる料理、魚のカルトッチョをご紹介します。

ちなみに、カルトッチョはイタリア語で紙包みのことで、クッキングシートやアルミホイルで包んで蒸し焼きにする料理などもカルトッチョと呼ばれています。

電子レンジを使って5分程で完成して、白ワインにもよく合うメインディッシュなので、ぜひ作ってみて下さい。

材料:1人分

白身魚(今回は塩ダラ) 1切れ

ミニトマト 3個

ブロッコリー 2房

にんにく 1/2片

白ワイン 小さじ1

オリーブオイル 小さじ1/2

塩、こしょう、お好みのハーブ 適量

作り方

【1】クッキングシートを正方形に切り、対角線に折り目がつくように三角形に2回折ります。開いた中央にスライスしたにんにく、白身魚、ミニトマト、一口大に切ったブロッコリーを乗せ、白ワイン、オリーブオイル、塩、こしょう、お好みのハーブをふりかける。 【2】奥と手前のクッキングシートの端を摘まんで包むように折り込む。 【3】きっちり閉じたら、両端をキャンディのようにねじってとめて、600wの電子レンジで5~6分蒸して完成。

塩ダラの代わりに生のタラでもいいですし、鯛やカレイなどの白身魚でもOK。アサリを入れてもアクアパッツア風にしても美味しいです。今回、ブロッコリーは茹でて冷凍したものを使いましたが、生のまま包んで蒸しても大丈夫ですし、市販の冷凍品を使ってもOKです。

具はきのこや玉ねぎ、じゃがいも、オリーブの実などもおススメです。火が通りにくそうな食材は小さめに切りましょう。にんにくやハーブなどはお好みでアレンジしてみて下さいね。チーズ入りもおいしいですよ。

どんなワインと合う?

淡白な味わいの白身魚はやはり辛口の白ワインが合います。さっぱりと頂けるスッキリ系の白ワインがおいしいです。また、カルトッチョとはイタリア語で紙包み料理をいうことからも、同じイタリアのワインで合わせてみるというのもいいですね。

電子レンジで蒸すことで簡単・時短でできることはもちろん、少量の油でおいしく作ることができるのでヘルシーです。切り身の魚を買ってくれば下処理も不要で手軽に魚料理が楽しめます。

忙しいけどワインと温かい料理を楽しみたい!という方にはもちろん、カロリーが気になる…なんて方にもおすすめです!手軽なカルトッチョで旬の食材とワインを楽しんでみてはいかがでしょう。

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.