ちょっぴりオシャレに!東京駅改札内で買えるワインに合う東京みやげ

2016年も残り僅かとなってきました。年末年始は地元に帰省するという人も多いと思います。私も毎年帰省をするのですが、その際“必ず東京駅から新幹線に乗る”と決めています。

一人暮らしのアパートからは品川駅でも東京駅と同じくらい時間も運賃もかかるので、どちらから帰っても良いのですが、絶対に東京駅に行きます。一度、電車の都合で品川駅に行くことを余儀なくされたのですが、凄くガッカリしたのを覚えています。

「なぜそこまで東京駅が良いのか?」と聞かれると、「雰囲気が好きだから」としか答えられないのですが、東京駅で駅弁とお土産を選ぶひと時が、たまらなく楽しいのです。

そんな東京駅でワインに合うオススメのお土産があります。

「DOLCE FELICE(ドルチェ フェリーチェ)」で買える「東京ブリック」というレンガをモチーフにした焼き菓子です。

元々、このお店のフルーツパウンドケーキが大好きで、ワインのお供として、食べていたのですが、「東京ブリック」を食べたら、これもワインと合うことを発見。4種類の味が入っているのですが、どの味も濃厚でしっかりとしていて、ワインが進みます。

東京駅以外にも店舗はあるのですが、「東京ブリック」は東京駅限定商品なので東京駅でしか購入できないプレミア感があります。

8個入りと16個入りがあるのですが、8個入りで1000円(税別)と少し値段は高めですが、高級感もあるので、特別なお友達などのお土産にオススメだと思います。

東京駅から帰省する方は是非、お土産に選んでみてください。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.