ソースはレンジ、パスタは茹でず!手軽に作れる本格ラザニア

クリスマスや年末が近くなり、ホームパーティーの機会も多くなるこの時期。大きな器で焼き上げられたラザニアは豪華に見え、ゲストに喜ばれるためオススメのパーティー料理です。しかし、ラザニアは手間がかかるイメージがありませんか?

そこで今回は、ホワイトソースとミートソースは電子レンジ、パスタは茹でずに乾燥のままソースと重ねるだけ!お手軽に作れる本格ラザニアのレシピをご紹介します。

材料:4~6人分


耐熱容器 24cm×18cm 高さ5cm程度
ミックスチーズ 100g程
ラザニアヌードル(板状パスタ) 適量

■ホワイトソース
バター 40g
薄力粉 40g
牛乳 500ml
鶏ガラスープの素 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
こしょう 少々

■ミートソース
玉葱 100g(1/2個)
ニンニク 1片(小指の爪の大きさ程度)
バター 15g
Aケチャップ 大さじ2
Aソース 大さじ1
A合挽き肉 100g
Aトマトカット缶 1缶
A鶏ガラスープの素 小さじ1/2
A塩 小さじ1/2
Aこしょう 少々

作り方

ホワイトソース


【1】耐熱ボウルにバターを入れ、ラップをして10~15秒程レンジにかけ柔らかくする。薄力粉を入れ泡立て器で混ぜる。

【2】牛乳を少しずつ加え混ぜる。塩、鶏ガラスープの素、こしょうを混ぜ、電子レンジにかける。
(ほどよく水分を飛ばすために少し隙間をあけてラップし、600Wで2分レンジにかけ、泡立て器で混ぜる。合計3回、この動作を行う)

ミートソース


【1】玉葱、ニンニクはみじん切り、バターは5~7mm角に切る。耐熱ボウルに入れラップして電子レンジにかける(600Wで2分)。

【2】Aの材料を混ぜる。ラップして電子レンジにかける(600Wで3分レンジにかけ、泡立て器で混ぜる。合計2回、この動作を行う)

板状パスタとソースで仕上げる


【1】器にミートソースを敷き、器の形状に合わせて割った板状パスタを全体に敷く。

【2】【1】の上にホワイトソースを広げ、割った板状パスタを全体に重ねる。

【3】【1】と【2】を繰り返し、最後にミックスチーズをのせて30分ほど放置する(パスタにソースの水分を吸水させる)。ラップして電子レンジに2~3分程かけて温める。

【4】オーブントースター(または魚焼きグリル)に入れ、上面に焦げめをつければ完成。
※または、200℃のオーブンで20分程焼くという方法もあります。

※今回使用した、茹でずにラザニアを作ることができる板状パスタ『Barilla Lasagne all Uovo』

どんなワインが合う?


スパークリングワイン、白ワイン、ロゼ、軽めの赤と幅広く合わせて楽しめます。ホワイトソースの牛乳を半量生クリームにしたり、重ねる間にパルミジャーノ・レッジャーノチーズのすりおろしを重ねたり、上部のミックスチーズをグリエールチーズやエメンタールチーズ、コンテチーズ等にすると濃厚な味わいになり、しっかりした味わいの赤ワインとも相性が良くなります。

まとめ


今回使用した板状パスタは吸水性が良いので茹でる必要はありませんが、しっかり吸水して焼かないと芯の残った固い状態になってします。そのため、ソースは通常よりも水分を多めに作り、ソースとパスタを重ねたら30分ほど放置するのがポイントです。

小さめのココットに小分けに作ることもできますが、大きいサイズの器ですとテーブルが華やかになり、ホームパーティーにはオススメです。是非、美味しいワインと共にお楽しみください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.