○○するだけで美味しくなる!チーズを美味しく食べるコツとは?

固く閉じた渋い赤ワインは、早めに抜栓したり、デキャンタージュをしたりすると飲みやすくなるように、チーズも食べる時に少し気を使うと、より美味しくいただくことができます。

発酵食品であるチーズはワイン同様、食べる時の温度やカットの仕方、食べ合わせによって味わいが随分変わります。それがチーズの面白さでもあるのですが、できればいつもベストな状態でいただきたいものです。今回は、知っておくと便利な「チーズを美味しく食べるコツ」をご紹介致します。

食べる30分前には冷蔵庫から出しておく

カマンベール等のソフトタイプのチーズは、クリーミィーな柔らかさが魅力です。しかし、熟成していない若いチーズは、中央にまだ芯があり、冷蔵庫から出した直後は内側が非常に固くなっています。ですから、少なくとも食べる30分前には冷蔵庫から取り出して温度を上げ、やわらかくしておきましょう。

ただし、モッツアレラチーズ等のフレッシュタイプのチーズはしっかり冷やした方が美味しいので、食べる直前まで冷蔵庫に入れておいて下さい。

均等に切り分ける

よくある円盤形や正方形のチーズは、まず中央までナイフを入れ、そこから好きな角度にくし形にカットします。既にカットされているチーズは、角から小さめのくさび型にカットしたり、ハードタイプならスライスしたりすると良いでしょう。大勢で食べる場合は特に、皆に同じような部分が行きわたるようにするのが基本です。

また、タイプの異なるチーズを同時に食べる時は、ナイフをそれぞれに用意した方が良いでしょう。

パンやクラッカーを用意する

チーズはそれだけでも美味しくいただけますが、脂肪分や塩分が高く濃厚な味わいのものが多いので、パンやクラッカーがあれば口休めになり、食べ飽きません。

また、ソフトタイプのチーズは、取り分ける時にべったりとナイフについてしまうことがありますが、バゲット等のパンがあれば、きれいにチーズをぬぐい取ることができ、食事中もお皿やカトラリーが汚れず、見た目もスマートです。

ワインと一緒にいただく

ワインとチーズのマリアージュは奥が深いので一言では言い表せないのですが、ヨーロッパのワインとチーズの主要生産国において、長い歴史の中で多くの人々が培ってきたこの組み合わせの妙味には感服せざるを得ません。

とにかく、色々と試してみるしか方法はないのですが、手っ取り早くベストマリアージュを見つけたいなら、まずは同じ地方で作られているワインとチーズを合わせてみることです。

また、ビールや日本酒と合わせても美味しくいただけます。お酒が苦手な方はちょっと渋めの日本茶と合わせてみても面白いですよ。是非、自分の好みのマリアージュを探してみて下さい。

まとめ

いかがでしたか? 食べ方に神経質になることはありませんが、少しの工夫でチーズはグンと美味しくなります。自分流の美味しい食べ方を見つけて、素敵なチーズライフをお楽しみ下さい。

サントリー
チーズと合わせて愉しむワイン チー! ヴァン ルージュ 750ml
Amazonで見る
フィアーノ
赤ワインに合う チーズ 詰め合わせ ワイン おつまみ ミモレット6週間熟成 パルミジャーノ レッジャーノ ゴーダチーズ18ヶ月
Amazonで見る
チーズ工房NEEDS
北海道【十勝ブランド認証品】【ナチュラルチーズ・カマンベール】チーズコンテスト金賞受賞「大地のほっぺ」 300g 1個
Amazonで見る
実業之日本社
知っておいしい チーズ事典
Amazonで見る

ホームページ | instagram
ワインコーディネーター/ワインライター。
フランス留学後、ワイン専門店勤務を経て、ワインコーディネーターに。
飲み頃や旬を大切にワインとチーズの魅力を伝えるサロン「Wine Salon d’Ourse」主宰。飲食店や食のイベントプロデュースの他、ライターとしてワインやチーズに関する情報も発信している。
J.S.A.ソムリエ / C.P.A.チーズプロフェッショナル

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.