○○するだけで美味しくなる!チーズを美味しく食べるコツとは?

固く閉じた渋い赤ワインは、早めに抜栓したり、デキャンタージュをしたりすると飲みやすくなるように、チーズも食べる時に少し気を使うと、より美味しくいただくことができます。 発酵食品であるチーズはワイン同様、食べる時の温度やカットの仕方、食べ合わせによって、味わいが随分変わります。それがチーズの面白さでもあるのですが、できればいつもベストな状態でいただきたいものです。 そういう訳で今回は、知っておくと便利な「チーズを美味しく食べるコツ」をご紹介致します。


食べる30分前には冷蔵庫から出しておく


カマンベール等のソフトタイプのチーズは、クリーミィーな柔らかさが魅力です。しかし、熟成していない若いチーズは、中央にまだ芯があり、冷蔵庫から出した直後は内側が非常に固くなっています。ですから、少なくとも食べる30分前には冷蔵庫から取り出して温度を上げ、やわらかくしておきましょう。 ただし、モッツアレラチーズ等のフレッシュタイプのチーズはしっかり冷やした方が美味しいので、食べる直前まで冷蔵庫に入れておいて下さい。


均等に切り分ける


よくある円盤形や正方形のチーズは、まず中央までナイフを入れ、そこから好きな角度にくし形にカットします。既にカットされているチーズは、角から小さめのくさび型にカットしたり、ハードタイプならスライスしたりすると良いでしょう。大勢で食べる場合は特に、皆に同じような部分が行きわたるようにするのが基本です。 また、タイプの異なるチーズを同時に食べる時は、ナイフをそれぞれに用意した方が良いでしょう。


パンやクラッカーを用意する


チーズはそれだけでも美味しくいただけますが、脂肪分や塩分が高く濃厚な味わいのものが多いので、パンやクラッカーがあれば口休めになり、食べ飽きません。 また、ソフトタイプのチーズは、取り分ける時にべったりとナイフについてしまうことがありますが、バゲット等のパンがあれば、きれいにチーズをぬぐい取ることができ、食事中もお皿やカトラリーが汚れず、見た目もスマートです。


ワインと一緒にいただく


ワインとチーズのマリアージュは奥が深いので一言では言い表せないのですが、ヨーロッパのワインとチーズの主要生産国において、長い歴史の中で多くの人々が培ってきたこの組み合わせの妙味には感服せざるを得ません。 とにかく、色々と試してみるしか方法はないのですが、手っ取り早くベストマリアージュを見つけたいなら、まずは同じ地方で作られているワインとチーズを合わせてみることです。 また、ビールや日本酒と合わせても美味しくいただけます。お酒が苦手な方はちょっと渋めの日本茶と合わせてみても面白いですよ。是非、自分の好みのマリアージュを探してみて下さい。


まとめ


いかがでしたか? 食べ方に神経質になることはありませんが、少しの工夫でチーズはグンと美味しくなります。自分流の美味しい食べ方を見つけて、素敵なチーズライフをお楽しみ下さい。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.