ワインによく合う簡単おせち料理「チーズ伊達巻」の作り方

昨今、お正月のおせち料理は、お取り寄せをしたりデパ地下で買ったりする方が増えています。また、洋風や少人数分のおせち料理もすっかり定番になりました。

おせち料理を手作りするのは、品数が多くて難しいと感じるためか尻込みしがちです。しかし、自分が好きな物だけでも作ってみてください。意外と簡単で、自分好みの味にできますよ。

今回は、おせち料理の中でも定番の伊達巻の作り方をご紹介します。いつもの伊達巻きでなく、チーズを加えてワインによく合う「チーズ風味の伊達巻」にアレンジしてみました。このレシピは、市販の伊達巻が「甘すぎる」と、以前から思っていたので、塩味の伊達巻がほしいという思いから考えたレシピです。簡単なのでぜひ作ってみて下さい。

材料:1本分

A 卵 4個

A はんぺん 1枚

A 牛乳 大さじ2

A 粉チーズ 大さじ2

A 塩胡椒 適量

サラダ油 適量

作り方

【1】Aの材料をボウルに入れ、ハンディミキサー等で撹拌する。 【2】サラダ油を薄く敷き予熱したフライパンに流し入れ、蓋をして弱火で15分ほど焼く。 【3】生地の表面を触ってもついてこないくらいに火が通ったら、焼き色を下にして巻きすに取り出す。 【4】手前の方に包丁で1センチ間隔に切込みを入れる。 【5】あとは巻いて輪ゴムで止めれば冷めるまで置く。好みの幅に切って盛り付ける。

伊達巻は長崎から江戸に伝わった「カステラかまぼこ」が、伊達者(お洒落な人達)の着物に似ていたことから、「伊達巻」と呼ばれるようになりました。

はちみつやみりんが多く入り、甘いのが特徴ですが、今回は、ふわふわの食感を生かしつつ、チーズを加えて塩味に仕上げました。甘いものが苦手な方にもおすすめです。卵とチーズのコクに、お魚の上品な風味が加わり、キリッとした辛口の白ワインによく合います。

生地にハーブを加えたり、クリームチーズを芯にしたりして巻くなど、他にもアレンジが利きます。また、巻きすで巻かず、平らに焼いたものを切って仕上げるとより手軽です。

そのまま食べても美味しい「チーズ伊達巻」ですが、さらにスライスチーズをのせて焼くと、熱々の伊達巻に溶けたチーズが絡まって、新しいお料理になります。また、甘い伊達巻にチーズをのせて焼くとチーズケーキのような味になるので、こちらもぜひ試してみてください。

ご家族で、お友達と一緒に、お正月もワインを囲んで楽しくお過ごしください。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.