ワインによく合う簡単おせち料理「チーズ伊達巻」の作り方

昨今、お正月のおせち料理は、お取り寄せをしたりデパ地下で買ったりする方が増えています。また、洋風や少人数分のおせち料理もすっかり定番になりました。

おせち料理を手作りするのは、品数が多くて難しいと感じるためか尻込みしがちです。しかし、自分が好きな物だけでも作ってみてください。意外と簡単で、自分好みの味にできますよ。

今回は、おせち料理の中でも定番の伊達巻の作り方をご紹介します。いつもの伊達巻きではんく、チーズを加えてワインによく合う「チーズ風味の伊達巻」にアレンジしてみました。このレシピは、市販の伊達巻が「甘すぎる」と、以前から思っていたので、塩味の伊達巻がほしいという思いから考えたレシピです。簡単なのでぜひ作ってみて下さい。

材料:1本分


A 卵 4個
A はんぺん 1枚
A 牛乳 大さじ2
A 粉チーズ  大さじ2
A 塩胡椒 適量
サラダ油 適量

作り方


【1】Aの材料をボウルに入れ、ハンディミキサー等で撹拌する。

【2】サラダ油を薄く敷き予熱したフライパンに流し入れ、蓋をして弱火で15分ほど焼く。

【3】生地の表面を触ってもついてこないくらいに火が通ったら、焼き色を下にして巻きすに取り出す。

【4】手前の方に包丁で1センチ間隔に切込みを入れる。

【5】あとは巻いて輪ゴムで止めれば冷めるまで置く。好みの幅に切って盛り付ける。

伊達巻は長崎から江戸に伝わった「カステラかまぼこ」が、伊達者(お洒落な人達)の着物に似ていたことから、「伊達巻」と呼ばれるようになりました。

はちみつやみりんが多く入り、甘いのが特徴ですが、今回は、ふわふわの食感を生かしつつ、チーズを加えて塩味に仕上げました。甘いものが苦手な方にもおすすめです。卵とチーズのコクに、お魚の上品な風味が加わり、キリッとした辛口の白ワインによく合います。

生地にハーブを加えたり、クリームチーズを芯にしたりして巻くなど、他にもアレンジが利きます。また、巻きすで巻かず、平らに焼いたものを切って仕上げるとより手軽です。

そのまま食べても美味しい「チーズ伊達巻」ですが、さらにスライスチーズをのせて焼くと、熱々の伊達巻に溶けたチーズが絡まって、新しいお料理になります。また、甘い伊達巻にチーズをのせて焼くとチーズケーキのような味になるので、こちらもぜひ試してみてください。

ご家族で、お友達と一緒に、お正月もワインを囲んで楽しくお過ごしください。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.