グリューワインとヨーロッパ料理が味わえる東京クリスマスマーケットへ行ってきた!

12月もあっと言う間に終わって、新年をむかえますね。年末のビッグイベントといえば、やっぱりクリスマス。今年は土日でしかも3連休!沢山の人がそれぞれのクリスマスを楽しんだのではないでしょうか?

私は「東京クリスマスマーケット2016」という日比谷公園で開催されたイベントへ行ってきました。

「クリスマスマーケット」とはドイツをはじめ、ヨーロッパ各地で中世から続く伝統的なお祭りのことです。街の中心部の広場がイルミネーションやデコレーションで飾り付けられ、雑貨や伝統的なお菓子、グリューワイン(ホットワイン)、などが屋台で売られ、それを仲間と楽しむというクリスマスシーズンの風物詩です。

イベント自体は12月16日から25日までの10日間の実施でした。私はクリスマスイヴの夜に行ってきたのですが、さすがイヴ!あまりの沢山の人に驚きました。ですが、しっかりと堪能してきました。 はじめに、一番の目的グリューワインを買いました。

会場には沢山お店があって、いろんな種類のグリューワインを楽しめます。その中でも行く前から飲もうと決めていた「いちごのグリューワイン」を買いました。味はいちごジャムのよう。ですが、決して甘過ぎるわけではないので、飲みやすさと寒さが相まって、勢いよく飲干してしまいました。

また、体が温まるシチュー料理も魅力的。印象的だったのが「ショートパスタ」です。ショートパスタなので、てっきりペンネのようなイメージを抱いていたのですが、うどんを短く切ったようなパスタでした。食感も少し固めに湯がいたうどんのよう。そこにタップリのビーフシチューがかけられていて、温まるしお腹も満たされます。 そして、ドイツ料理といえば、なんと言っても「ソーセージ」です。ハーブの効いたソーセージなど色んな味が楽しめる盛り合わせはもちろん、ソーセージを使った料理が豊富にありました。

お腹もしっかり満たされれば、ステージで披露されているゴスペルを聴いたり、大きなクリスマスピラミッドの前で記念撮影をしたりとクリスマスにどっぷり浸ることができました。

ぜひ、来年のクリスマスは「東京クリスマスマーケット」に出掛けてみてください。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.