食物繊維たっぷり!イタリア生まれの全粒粉グラハムクラッカーがおすすめ

ワインのあるテーブルには、もはや定番のように登場するクラッカー。市販のディップを添えたり、色とりどりの具材をのせてオシャレに盛り付けたり。おもてなしにも家呑みにも、様々なシーンで活躍してくれます。

とは言え、主役は上にのせるパテやタプナード、ディップするソースで、クラッカー自体が注目されることはなかなかありません。「華麗なる脇役?」でも、内心ちょっと妥協していることはありませんか?簡単に割れてしまう、食べる時にパラパラと散らかる、時間がたつと食感が悪くなる、主役がなくなると残ってしまう・・・などなど。

かく言う私もそんな一人。クラッカー大好きゆえに要望も多く、いろいろ食べ比べつつ、若干諦めモードでした。そこへ颯爽と登場したのが「MISURA(ミズーラ)全粒粉クラッカー」。衝撃的な出会いでした。

MISURA(ミズーラ)とは?


MISURA(ミズーラ)は、味覚と栄養補給のスペシャリストを目指すイタリアブランド。使いやすい6枚×10袋の小分けになっており、6枚で一日に必要な食物繊維の26%を補給できるそうです。

美しい黄金色に全粒粉の粒がハッキリ見てとれる外観、こうばしい香りも豊かに広がります。薄っぺらに見えますが、手にとると意外と硬めでしっかり。開封時の欠け・割れは一切なく、多少力を入れても簡単には壊れません。

かじってみると、パキっと軽い食感。サクサク・カリカリといった一般的なクラッカーとは違い、ザクザクしっかりとした食べ応え。塩味はごくごく控えめで、砂糖のような添加された甘味や、粉っぽさは全く感じません。

全粒粉の風味が心地よく、噛むほどに素材のうまみが広がります。何もつけず、そのまま食べてもとにかく美味しい!準備をしながらちょっと1枚、もう1枚と、試食の手が止まらなくなってしまいます。

水分を含むものを乗せても安心


味付けは最小限ですが、全粒粉の味を濃厚に感じられ、生ハムやチーズなどインパクトのある食材にも負けません。

何より嬉しいのがしっかりとしたテクスチャー。タプナードやトマトなど水分のある物をのせても、しなることなく食感が続くので、時間をかけてゆっくり楽しみたい時も安心です。また、ヨーグルトやフルーツと一緒に、サラダやポタージュスープのトッピングに、チーズケーキの土台などお菓子作りにもピッタリですね。

ワインと相性の良いヌガークラッカー


こちらはSNSで注目されているヌガークラッカー。クラッカー2枚でマシュマロを挟み、電子レンジで20秒ほど加熱する食べ方。その人気は「一度も食べたことが無い人は居ても、一度しか食べたことない人は居ない」とまで言われるほど。

MISURA全粒粉クラッカーでヌガークラッカーを作ると、レンジ加熱しても食感の劣化が全くありません。全粒粉のザクザク食感と、とろけたマシュマロの柔らかさのギャップが何とも楽しい!マシュマロの甘味と、クラッカーのほのかな塩味が絡み合い、絶妙。ドライタイプのCAVAなど、泡が元気でスッキリとしたスパークリングワインと相性抜群ですよ。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.