まるでガラスのよう!落としても割れないワイングラス「トライタン」とは?

ワインの味はワイングラスによって変わるといわれているため、機能を持ったワイングラスを求めている方も多いのではないでしょうか? そのため、各グラスメーカーで特徴を出して、ワイングラス造りに取り組んでいます。しかし、ワインの味を美味しくする機能とは別に「割れないワイングラス」も注目が集まっています。 ワイングラスは消耗品です。破損することもありますし、お手入れを怠ってしまうとグラスの濁ってくるため、取り扱いには注意が必要です。また、キャンプやバーベキューなどアウトドアでの使用など、ワインを飲むシーンは益々広がってきています。 特にアウトドアでは、これまで紙コップや組み立て式のプラスチックのワイングラスが主流でしたが、昨今は特殊樹脂などを使ったワイングラスが登場しています。 今回はそんな割れないワイングラスから「トライタン」をご紹介します。


トライタンとは?


見た目はワイングラスですが、ガラスのような透明感があるので、見た目はワイングラスですが、実は最新の合成樹脂「トライタン樹脂」を使用したペットボトルのような柔軟性があるワイングラスです。使用されている素材「トライタン樹脂」は、人体に影響する可能性が示唆される化学物質を含まない「イーストマン Tritan(トライタン)コポリエステル」を使用している安全な製品です。 力を入れても、曲げても、ひねっても元に戻る樹脂素材を採用しているので、倒したり、落としても割れる心配がありません。


メリットとデメリット


某テレビ番組で、このトライタンがいかに割れない素材であるか実証した結果、クレーンの最高位28.5mの高さから落としても割れない驚異的な「耐久性」が立証されました。 投げても、歪めても、めったな事で割れることはなく、他の樹脂と比べて傷に強いのも特徴のひとつです。また、耐熱99度で食器洗浄機での使用も可能で、匂いなどがグラスに残ることはありません。このようにガラス製のワイングラスにない機能を持ち併せているのがトライタンの特徴です。 逆にデメリットとなれば、ガラス製品が持つメリットを持ち併せていません。例えば口当たりの薄さだったり、グラスの軽さもそうです。ガラス製でしか出せない魅力を備えているわけではありません。


まとめ


トライタンが活躍する利用シーンとしては、バーベキューやキャンプなどのアウトドアはもちろん、小さいお子様のいる家庭でのパーティーでも活躍するでしょう。また、トライタンは種類も豊富なので、様々なシーンに合わせて、グラスを選ぶことができます。 落としても割れず、食器洗浄機でも使用可能。ガラス製のグラスとの比較はもちろん、アクリル製のグラスと比較しても傷が入りづらい素材なので、長く使うことが可能です。




かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.