硬くなったパンを再生!やみつきになるパルミジャーノ・レッジャーノラスクの作り方

残った食パンがかたくなってしまっては、食べる気になりませんよね?そこで、今回はかたくなった食パンを、ワインのおつまみになる贅沢なチーズラスクにアレンジする方法をご紹介します。

以前、料理教室のイベントでご紹介したことがあるのですが、その時は「簡単なのにとまらない美味しさ」と大好評でした。手作りのラスクなので、ホームパーティーに持参しても喜ばれると思います。また、使用するチーズをパルミジャーノ・レッジャーノで作るとより濃厚になり、ワインもすすみます。

材料:作りやすい分量

食パン 2枚

オリーブオイル(又はサラダ油、米油等) 大さじ2~3杯

パルミジャーノ・レッジャーノのすり卸し 30g程

作り方

【1】食パンは2cm角位に切ってボウルに入れる。 【2】オリーブオイルを全体に薄く絡ませる。 【3】パルミジャーノ・レッジャーノチーズを手で全体に押し付ける。 【4】クッキングシートを敷いたオーブン皿にのせる。オーブンに入れ170℃で10分程焼き、温度を100~130℃に下げて30分程焼く。

トースターで仕上げる場合

【1】食パンは薄く半分にスライスし、オリーブオイルを薄く全体につけ、上面にパルミジャーノ・レッジャーノチーズを広げる 【2】トースターで4~5分焼く。焦げないように注意する。 【3】食べやすい大きさに手で割る。

合わせるワイン

iQuerciole REGGIANO LAMBRUSCO SECCO

クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ

 

タイプ:赤 微発泡

原産地:イタリア エミリア・ロマーニャ州

品種:ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ

造り手:ディチ・エルメーテ

ランブルスコはイタリアのエミリア・ロマーニャ州でつくられる弱発泡性の赤ワインです。エミリア・ロマーニャ州は美味しい食材の宝庫で、ハムやソーセージ、パルミジャーノ・レッジャーノの産地でもあります。

ランブルスコは甘口から辛口までありますが、今回合わせた「クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ」は、濃いスミレ色で、心地よい泡で重すぎず軽すぎず、ブルーベリーのような香りや味わいです。粗挽きソーセージやハム、サラミ、チョコレートにも相性良いです。

まとめ

パルミジャーノ・レッジャーノとランブルスコは同じ産地という事もあり相性も良いです。ランブルスコはコクがあり、タンニンが少なく口あたりも良いので、パルミジャーノ・レッジャーノの旨味とコクを邪魔せず楽しめます。

残ったパンは固くなりそのまま食べても美味しくなくなりますが、パサパサ乾燥しているのでカリカリ食感にするラスクを作るには良い材料になります。オーブンで作るのは難しそうと思われますが、焦げることもなくほっておいても上手にできます。予熱なしで温度と時間をセットするだけです。温度を途中下げて乾燥焼きにすると時間がたってもカリカリな状態が持続します。

パルミジャーノ・レッジャーノの風味や旨み、コク、カリカリ食感がワインと相性の良い素敵なおつまみになるので、是非、作ってみてください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.