味付けはシンプルに塩だけ!寒い日に食べたい豚大根の和風ポトフ

寒い日の夜はポトフでほっこりと体も心も温まりましょう。ウィンナーやジャガイモをコンソメでコトコト煮た洋風ポトフも美味しいけど、我が家では根菜とカツオだしの和風ポトフをよく作ります。味付けはシンプルに塩だけ。野菜の旨みがじんわり溶け込み、ほっこり甘いスープに変身してくれます。

本日の主役は豚肉とたっぷりの大根。しかも大根は、嬉しい下茹いらず。大きめにカットしても、レンジ加熱してから煮ると、短時間でグッと味がしみて美味しさUP!年末年始で疲れた胃腸に、ジアスターゼ効果で体カラダをリセットしましょう。

材料:2人分

[難易度] ★★☆☆☆

[調理時間] 30分

大根 200~250g

豚肉(バラ薄切り)100g

A かつおだし 250cc

A 塩 小さじ1/2

作り方

【1】大根は皮をむいて、ちょっと大きめの乱切りに。包丁を斜めに入れ、表面の面積が大きくなるようにカットします。これは野菜に煮汁を染み込みやすくするカットのしかたです。ニンジンやレンコンなど、旬の冬野菜を加えてもいいでしょう。 【2】大根はレンジ加熱してから煮ると、短時間で味しみに仕上がります。カットした大根を耐熱袋に入れ、電子レンジで加熱(600wで約3分・500wで約4分が目安)します。加熱後は冷水にとり、表面を優しく洗うと大根の臭みが流れます。 【3】豚肉は一口大にカット。鍋に油少々を熱し、中火で炒めます。ここでこんがり焼き色をつけておくと、豚肉特有の臭みが飛び、仕上がりにこうばしさがプラスされます。 【4】下ごしらえしておいた大根とAを加えます。一度沸騰させてアクをとり、蓋をして中火で15~20分ほど煮ます。器に盛り付けて、お好みでかいわれ菜や塩もみした大根の葉、七味唐辛子などをふって召し上がれ。

合わせるワイン

和風仕立てのお料理なので、日本の白ワインなんていかがですか?甲州、ナイアガラ、シャルドネ・・・日本の白ワインはクリアで柔らかな物が多く、シンプルな鰹だしともスッと溶け合います。

心地よい酸と喉をとおったあとのグリーンな余韻。キリッと冷して、ややゆったりとしたグラスで。ワインが口の中で少しずつあたたかみを纏いながら、芯の冷涼さを残しながら胃袋までじんわり。部屋の明かりも少しだけ落として、ゆったりとした時間をお過ごしください。

TAGS

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.