味付けはシンプルに塩だけ!寒い日に食べたい豚大根の和風ポトフ

寒い日の夜はポトフでほっこりと体も心も温まりましょう。ウィンナーやジャガイモをコンソメでコトコト煮た洋風ポトフも美味しいけど、我が家では根菜とカツオだしの和風ポトフをよく作ります。味付けはシンプルに塩だけ。野菜の旨みがじんわり溶け込み、ほっこり甘いスープに変身してくれます。

本日の主役は豚肉とたっぷりの大根。しかも大根は、嬉しい下茹いらず。大きめにカットしても、レンジ加熱してから煮ると、短時間でグッと味がしみて美味しさUP!年末年始で疲れた胃腸に、ジアスターゼ効果で体カラダをリセットしましょう。

材料:2人分


[難易度] ★★☆☆☆
[調理時間] 30分
大根 200~250g
豚肉(バラ薄切り)100g
A かつおだし 250cc
A 塩 小さじ1/2

作り方


【1】大根は皮をむいて、ちょっと大きめの乱切りに。包丁を斜めに入れ、表面の面積が大きくなるようにカットします。これは野菜に煮汁を染み込みやすくするカットのしかたです。ニンジンやレンコンなど、旬の冬野菜を加えてもいいでしょう。

【2】大根はレンジ加熱してから煮ると、短時間で味しみに仕上がります。カットした大根を耐熱袋に入れ、電子レンジで加熱(600wで約3分・500wで約4分が目安)します。加熱後は冷水にとり、表面を優しく洗うと大根の臭みが流れます。

【3】豚肉は一口大にカット。鍋に油少々を熱し、中火で炒めます。ここでこんがり焼き色をつけておくと、豚肉特有の臭みが飛び、仕上がりにこうばしさがプラスされます。

【4】下ごしらえしておいた大根とAを加えます。一度沸騰させてアクをとり、蓋をして中火で15~20分ほど煮ます。器に盛り付けて、お好みでかいわれ菜や塩もみした大根の葉、七味唐辛子などをふって召し上がれ。

合わせるワイン


和風仕立てのお料理なので、日本の白ワインなんていかがですか?甲州、ナイアガラ、シャルドネ・・・日本の白ワインはクリアで柔らかな物が多く、シンプルな鰹だしともスッと溶け合います。

心地よい酸と喉をとおったあとのグリーンな余韻。キリッと冷して、ややゆったりとしたグラスで。ワインが口の中で少しずつあたたかみを纏いながら、芯の冷涼さを残しながら胃袋までじんわり。部屋の明かりも少しだけ落として、ゆったりとした時間をお過ごしください。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.