バレンタインにいかが?ワイン好きに贈りたい!生チョコサラミのレシピ

先日、実家の姉と「チョコとワインは合う・合わない」で議論になりました。

過去に赤ワインとチョコを食べて‘赤ワインが酸っぱい&チョコは苦い’を経験してしまった私としては、あまりいい組み合わせだと思っていなかったのですが、姉は「赤ワインとチョコはおいしい!」と、この組み合わせに賛成とのこと。

調べてみたところ、ビターチョコが合わせやすいようです。これはチャレンジしてみなくては!と思い、早速ビターチョコを使って簡単なおつまみを作ってみました。 結果は大成功で、渋みのある赤ワインに寄り添いました。ワイン好きの方へ、バレンタインの贈り物にもおすすめです。

材料:3~4人分

ビターチョコ 100g(板チョコ2枚)
生クリーム 大さじ1~2
お好みのナッツ 30~40g
お好みのドライフルーツ 20~30g
マシュマロ 5個
お好みでラム酒 小さじ1
あれば粉砂糖かココアパウダー 少々

作り方

【1】チョコと生クリームをあわせてボウルに入れて湯煎にかけて溶かす。 【2】なめらかになったら、刻んだナッツ、ドライフルーツ、マシュマロを加えて混ぜる。 【3】クッキングシートの上に2を入れて棒状に丸める。外側にアルミホイルを巻いて形を整えて、冷蔵庫で冷やし固めて完成。あれば粉砂糖かココアパウダーを外側にまぶすときれいな仕上がりになります。

ナッツ類は使う前に乾煎りしておきましょう。生クリームは多いほどなめらかですが、個人的には少し固めのほうが扱いやすくて好きです。また、ビスケットを入れても食感が楽しく、ボリュームも出せます。中に入れるものはお好みでアレンジして下さいね。

ワインとチョコを合わせてみよう!

甘いチョコに辛口の赤ワインを合わせるとワインの渋みや酸味が強く感じてしまいますが、ビターチョコだと苦みや渋みのある赤ワインとも合います。チョコの味わいが濃いので、少し重めの赤ワインでもおいしく頂けます。

また、私が過去に失敗した甘いチョコと赤ワインの組み合わせも、甘口なら合いますし、ホワイトチョコなら酸味のある白ワインが合うようです。チョコとワインの相性は、組み合わせによって大きく変わります。いい相性を見つけると、やみつきになるほどおいしいです。

生チョコサラミはお好きなチョコの種類で作れるのでワインに合わせて選んでみるのもおすすめです。

特別な容器も不要で簡単に作れて、ワインにも合う生チョコサラミ!贈り物や手土産にも便利で、バレンタインにもおすすめです。ぜひ、ワインと一緒に楽しんでみて下さいね。

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.