「東京初のワイナリー~ワインできるまで~」講演会

公益財団法人練馬区文化振興協会主催のイベントです。2月4日より開催される収蔵品企画展「しょうゆ・みそ・さけ」の関連イベントとして、東京初のワイナリーである「東京ワイナリー」の講演会で代表の越後屋美和さんが登壇されます。

本展では、醤油・味噌の製造道具のほか、徳利や盃などの酒にかかわる道具を展示し、練馬区域における醸造について紹介します。また、現在区内で活躍する各醸造所(味噌・麹・甘酒醸造施設、ワイン醸造施設)などについても紹介します。

◆講 師 越後屋 美和(東京ワイナリー)

◆開催日 2017年03月04日(土)

◆場 所 石神井公園ふるさと文化館1階(多目的会議室)

〒177-0041

東京都練馬区石神井町5-12-16

◆時 間 14:00~15:30

◆定 員 100名(先着順)

◆料 金 無料

◆詳細・申込み 2月1日(水)より電話申込み(定員になり次第〆切)

◆参 考 石神井公園ふるさと文化館

イベントの詳細はこちら

TAGS

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.