油揚げで作る簡単絶品おつまみ!とろりチーズの巾着焼き




今回は油揚げで、ワインのおつまみを作りましょう。油揚げは豆腐を揚げたものなので、たんぱく質、炭水化物、カルシウムの他イソフラボンなどの大豆製品特有の栄養素がたくさん含まれています。良質のたんぱく質はアルコールの分解を助ける働きがあり、大豆たんぱくには、コレステロールを下げ、動脈硬化予防、血圧を下げる働きもあります。 お酒を飲む時にぜひ取りたい栄養素のひとつですね。 油揚げといえば、トースターでカリッと焼いて生姜醤油をかけたり、味噌を塗って焼いてクリスピーに仕上げるレシピが人気です。すでに揚げているから、焼くだけでカリッと仕上がるのが嬉しいですね。日本酒のおつまみのイメージが強いかもしれませんが、チーズと合わせると洋風になり、ワインのおつまみにも変身します。 スーパーにも売っているカマンベールチーズを、袋状にした油揚げに入れて、フライパンで焼く手軽で簡単なおつまみをご紹介します。卵や、食感の良いレンコンも合わせてみました。


材料:2人分


油揚げ 2枚 カマンベールチーズ 1/2 レンコン 40g 卵 2個 七味唐辛子 黒胡椒適量




【1】レンコンは皮をむき、1㎝角に切る。耐熱容器に入れ、600wで1分加熱し火を通しておく。





【2】カマンベールチーズを4等分に切る。(元の大きさの1/8を4個作る)





【3】油揚げは2等分に切り、袋状に開いておく。





【4】油揚げにカマンベールチーズを1個ずつ入れ、2個には下準備をしたレンコン、2個には卵を割り入れる。





【5】袋の端を楊枝でとめ、予熱したフライパンで油を塗らずに焼く。(片面中火で5分くらい)





【6】皿に盛り付け、レンコンの方には黒胡椒、卵の方には七味唐辛子をふる。 ぜひ出来立てを食べてください。外はカリッと、中はとろりとしていて、まるでパイ生地で作ったかのような食感です。具材はアレンジして楽しめます。セロリ、ハム、しらす、ツナなど、油揚げの皮にいろいろな具を合わせて楽しんでくださいね。 合わせるワインは軽めの赤ワインがおすすめです。また、チーズのコクをさっぱりとさせる、スパークリングワインもよく合います。手軽にできて栄養価も高い油揚げのおつまみ、ぜひ作ってみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.