油揚げで作る簡単絶品おつまみ!とろりチーズの巾着焼き

今回は油揚げで、ワインのおつまみを作りましょう。油揚げは豆腐を揚げたものなので、たんぱく質、炭水化物、カルシウムの他イソフラボンなどの大豆製品特有の栄養素がたくさん含まれています。良質のたんぱく質はアルコールの分解を助ける働きがあり、大豆たんぱくには、コレステロールを下げ、動脈硬化予防、血圧を下げる働きもあります。

お酒を飲む時にぜひ取りたい栄養素のひとつですね。 油揚げといえば、トースターでカリッと焼いて生姜醤油をかけたり、味噌を塗って焼いてクリスピーに仕上げるレシピが人気です。すでに揚げているから、焼くだけでカリッと仕上がるのが嬉しいですね。日本酒のおつまみのイメージが強いかもしれませんが、チーズと合わせると洋風になり、ワインのおつまみにも変身します。

スーパーにも売っているカマンベールチーズを、袋状にした油揚げに入れて、フライパンで焼く手軽で簡単なおつまみをご紹介します。卵や、食感の良いレンコンも合わせてみました。

材料:2人分

油揚げ 2枚
カマンベールチーズ 1/2
レンコン 40g
卵 2個
七味唐辛子 黒胡椒適量

【1】レンコンは皮をむき、1㎝角に切る。耐熱容器に入れ、600wで1分加熱し火を通しておく。

【2】カマンベールチーズを4等分に切る。(元の大きさの1/8を4個作る)

【3】油揚げは2等分に切り、袋状に開いておく。

【4】油揚げにカマンベールチーズを1個ずつ入れ、2個には下準備をしたレンコン、2個には卵を割り入れる。

【5】袋の端を楊枝でとめ、予熱したフライパンで油を塗らずに焼く。(片面中火で5分くらい)

【6】皿に盛り付け、レンコンの方には黒胡椒、卵の方には七味唐辛子をふる。

ぜひ出来立てを食べてください。外はカリッと、中はとろりとしていて、まるでパイ生地で作ったかのような食感です。具材はアレンジして楽しめます。セロリ、ハム、しらす、ツナなど、油揚げの皮にいろいろな具を合わせて楽しんでくださいね。

合わせるワインは軽めの赤ワインがおすすめです。また、チーズのコクをさっぱりとさせる、スパークリングワインもよく合います。手軽にできて栄養価も高い油揚げのおつまみ、ぜひ作ってみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.