メルシャン「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ 2016」を北日本エリア限定で発売

メルシャン株式会社は、日本産ブドウ100%で造る「日本の地ワイン」シリーズから、「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」を2016年の新ヴィンテージより、北日本エリア1道・6県(北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県)限定にて、2月21日(火)より販売を再開します。

日本産ブドウ100%で造る日本ワインは、醸造用ブドウの品質向上、造り手の技術向上や醸造設備の充実により、高い評価を国内外で得ており、日本ワインへの関心が高まっています。

「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」について

「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」は、北日本でメルシャンが取り組む栽培地域「福島県会津美里町新鶴地域産シャルドネ」を使用したワインです。北の大地の恵みと生産者の長年の努力から生まれたブドウが紡ぎだす心地よい酸味とさわやかな飲み心地の「調和のとれた味わい(フィネス)」をお楽しみいただけます。

ラベルには「北海道・東北限定発売」の文字の周りにブドウの房と葉をあしらい、北日本の豊かな自然の恵みを表現しています。

「日本の地ワイン」シリーズについて

山梨県、長野県、秋田県、福島県の各栽培地域で育まれたブドウを、山梨県にあるワイナリー「シャトー・メルシャン」にて醸造しています。産地による特長とブドウ品種が持つ個性を素直に表現した、「産地×品種」の味わいが楽しめるワインです。

日本産ブドウ100%から造る「日本ワイン」をより身近に感じられる提案をすることで、日本ワイン市場全体の拡大を図ります。

日本の地ワイン 新鶴シャルドネ 2016
タイプ:白ワイン
アルコール:12%
発売日:2月21日(火)
発売地域:北日本エリア1道・6県(北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県)
生産予定本数:限定 約14,000本
価格:オープン価格

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.