スパイスにひと工夫!体の中から温めるホットワインで温活ダイエット!

1月も終わり、お正月に増えてしまった体重がもとに戻った人もいれば、いっこうに戻らない人も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?私もいっこうに戻らない内の1人です。数年前までは、お正月が終わって、もとの生活に戻れば、意識しなくとも自然に戻っていたのに・・・。

一刻も早くもとの体重に戻さなければ!

「痩せやすかった数年前と今とで、何が違うのだろう?」と考えたら、「冷え性」になったということに気が付きました。足先の冷えは特に酷く、タイツを2枚履きした上に、さらに厚めのソックスを履くなど、オシャレは二の次状態。

そこで今流行の「温活ダイエット」を試すことにしました。「温活」とは、健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げる活動とのこと。基礎体温が36.5度〜37.2度が人間にとってはベストらしく、代謝が活発になり、糖分や脂肪分が燃えやすく、痩せやすい体になるみたいです。

ちなみに、36.5度以下は低体温となり、痩せにくくなるのはもちろん、むくみや免疫力の低下、女性の場合は生理不順など、体に不調が起きやすくなってしまいます。私は平熱35.5度と思いっきり低体温なので痩せにくいはずです。

そこで、「ホットワイン」を毎日飲んで、36.5度を目指すことにしました!「ホットワイン」は、お鍋にワインとスパイス、お好みでオレンジなどのフルーツを入れ、沸騰しない程度に温めれば簡単にできます。

赤ワイン自体に体を温める効果があるのですが、せっかくならより効果的に飲みたい!そこで体を温める作用がつよいスパイスを選ぶことにしました。

選んだのは、シナモンとスターアニス。シナモンはホットワインに入れるスパイスとしてベターですが、実は生姜を超える最強の温め食材なのです。そして、スターアニス。体を温めてくれるのはもちろん、胃腸への働きもあり、便秘に効果的。

ちなみに現在、便秘に悩んでない私は、1日の回数が増え、ごはんを食べれば直ぐにもよおすと言う、なんともありがたい状態になりました。アルコールも飲めて、冷えも改善。そして痩せる!そんないいこと尽くめな「ホットワイン」、みなさんも是非試してみてください。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.