ちょっと差のつく簡単レシピ!「ハッセルバック・チキン」はいかが?

レシピサイトで大人気の「ハッセルバックポテト」をご存知ですか?

名前の由来は、スウェーデンのストックホルムにある老舗ホテルのハッセルバッケン(HASSELBACKEN)からきているそうです。ポテトの下の部分が切り離れないように薄くスライスし、オーブンで焼きます。切れ込みにオリーブオイルやバター、チーズなどを加え、カリッと焼くのがポイントです。

私もよく作るのですが、「チキンで作っても美味しいかも!」と思いつきました。切り込みを入れてフィリングを詰めて焼き上げるチキン料理はワインにも合います。今回は、すっきりした白ワインに合うような、和風のレシピにしました。とっても簡単で、作り置きにも向くメニューなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料:2人分

鶏むね肉 1枚
玉ねぎ 1/4個
味噌 大さじ2
粉チーズ 大さじ1
太白ごま油 適量

下準備

【1】鶏むね肉は皮を取り、下の部分をつなげて7㎜幅に切り込みを入れる。

【2】玉ねぎをみじん切りにする。

作り方

【1】玉ねぎ、味噌、粉チーズを混ぜ合わせる。

【2】鶏むね肉の切り込みに【1】のフィリングを詰める。

【3】アルミ箔にのせ、太白ごま油を適量かけて、魚焼きグリル(またはオーブントースター)でこんがりと焼く。

【4】切り分けて盛り付け、わさびを添えれば完成!

味噌とチーズは発酵食品なので、好相性のうえ相乗効果で旨みに深みが出ます。同じく発酵しているワインのおつまみにもオススメです。玉ねぎは血液をサラサラにしたり、疲れをとる栄養成分があるので、積極的に摂りたい野菜ですね。お肉を食べる時にも合わせたい食材です。

鶏むね肉は淡白な風味で、調理方法によってはパサつくので敬遠される方も多いですが、しっかりした味のフィリングを合わせ、太白ごま油をかけてしっとり焼き上げると、ヘルシーなのにボリュームのある一品になります。

合わせるワインはすっきりした軽めの白ワインがおすすめです。和風の味付けなので、日本ワインとの相性も抜群です。少し発泡しているようなタイプもいいですね。ソーヴィニヨンブランを冷やして合わせてみてください。

サントリー
【ボルドー1級シャトー ラフィットが手がけるチリワイン】 ロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン 750ml [チリ/白ワイン/辛口/1本]
Amazonで見る
サントリー
【厳選国産ぶどう100%】日本ワイン サントリー ジャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2016 750ml [日本/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

「ハッセルバック・チキン」は、フィリングをお好みでアレンジしても楽しいですよ。お家での定番レシピにしてみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.