ちょっと差のつく簡単レシピ!「ハッセルバック・チキン」はいかが?

レシピサイト等で大人気の「ハッセルバックポテト」をご存知ですか?

名前の由来は、スウェーデンのストックホルムにある 八セルバックホテルからきているそう。ポテトの下の部分が切り離れないように薄くスライスし、オーブンで焼きます。切れ込みにオリーブオイルやバター、チーズなどを加え、カリッと焼くのがポイントです。

私もよく作るのですが、「チキンで作っても美味しいかも!」と思いつきました。切り込みを入れてフィリングを詰めて焼き上げるチキン料理はワインにも合いそうですよね。今回は、すっきりした白ワインに合うような、和風のレシピにしました。

味噌、玉ねぎのみじん切り、粉チーズを混ぜたフィリングを、切り込みを入れた鶏むね肉にはさみこみ、太白ごま油をかけてグリルでこんがり焼きます。とっても簡単で、作り置きにも向くメニューなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料:2人分

鶏むね肉 1枚
玉ねぎ 1/4個
味噌 大さじ2
粉チーズ 大さじ1
太白ごま油 適量

下準備

【1】鶏むね肉は皮を取り、下の部分をつなげて7㎜幅に切り込みを入れる。

【2】玉ねぎをみじん切りにする。

作り方

【1】玉ねぎ、味噌、粉チーズを混ぜ合わせる。

【2】鶏むね肉の切り込みに【1】のフィリングを詰める。

【3】アルミ箔にのせ、太白ごま油を適量かけて、魚焼きグリル(またはオーブントースター)でこんがりと焼く。

【4】切り分けて盛り付け、わさびを添える。

味噌とチーズは発酵食品なので、好相性のうえ相乗効果で旨みに深みが出ます。同じく発酵しているワインのおつまみにもおすすめです。玉ねぎは血液をサラサラにしたり、疲れをとる栄養成分があるので、積極的に摂りたい野菜ですね。お肉を食べる時にも合わせたい野菜です。

鶏むね肉は淡白な風味で、調理方法によってはパサつくので、敬遠される方も多いですが、しっかりした味のフィリングを合わせ、太白ごま油をかけてしっとり焼き上げると、ヘルシーなのにボリュームのある一品になります。

合わせるワインはすっきりした軽めの白ワインがおすすめです。少し発泡しているようなタイプもいいですね。ソービニヨンブランを冷やして合わせてみてください。

「ハッセルブラッドチキン」は、フィリングをお好みでアレンジしても楽しいですよ。お家でのワイン会の定番レシピにしていただきたいです。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.