頑張るワタシへ。バレンタインデーはワインと合うご褒美チョコを贈ろう!


世界中から高級ショコラティエが集合する季節になりました。日本のバレンタインはもはやショコラの祭典といえますね。さらに最近では本命チョコや友チョコより、自分へのご褒美チョコが主流になってきているようです。

ワイン愛好者にとっても、チョコレートは特別な存在です。チョコをおつまみにワインをひと口含むと、幸せが広がります。テイスティングコメントに使われる共通要素も多く、互いに立体感を与えてくれるのがワインとチョコレートの組み合わせです。特にオレンジピール入りのチョコレートは、赤、白、ロゼ、スパークリング、どのタイプにも合わせられる万能おつまみと言えるでしょう。

イーグル製菓『ひとりじめスイーツ ビターチョコレート 贅沢オランジェ』



今回は、おやつとしてのチョコレートではなく、ワインの共としてのチョコレートをピックアップしました。イーグル製菓『ひとりじめスイーツ ビターチョコレート 贅沢オランジェ』です。こちらの商品は、リキュール漬けのオレンジピールを贅沢に混ぜ込んだビターチョコレートです。パッケージのキャッチコピーを読んだだけで、合わせたいワインが次々と浮かんできます。開封口は、ひとかけらだけ食べたいという時にも嬉しいファスナー式なので、便利です。

爽やかに広がるオレンジピールの香りを楽しんで



厚みは7mm~1cmと豪快なタブレットです。割れチョコスタイルで、かけらの大きさにばらつきがあるのがまた楽しいですね。大きいものは5~8cmほどで、重量感に思わず顔がほころびます。ガリッ、モグモグとしっかり噛みしめられる食感が素晴らしいです!

苦みをしっかり感じられるビターチョコレートに、オレンジピールの甘みと酸味、そして爽やかに広がる香りのインパクトにうっとりしてしまいます。まさに「ひとりじめ」したくなる美味しさですね。

白ワインに合わせるなら、酸味が少なく爽やかなものを、少し温度を高めにしてみてください。赤ワインに合わせるなら、濃縮感があるタイプが合います。オレンジの甘酸っぱさがスパイスになって、味わいがよりリッチになりますよ。

贅沢感アップ!おすすめアレンジ



さらに美味しく楽しめるアレンジレシピをご紹介します。パンに『ひとりじめスイーツ ビターチョコレート 贅沢オランジェ』をのせ、トースターで1~2分ほど焼きます。普通のチョコレートのように溶けず、食感をしっかり残したままほどよく熱が入ります。ここに、お気に入りのエキストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけていただきます。

合わせるワインはロゼスパークリングワインがおすすめです。苦み、甘み、酸味、オレンジの爽やかさとロゼの華やかな香りと、鼻から抜けるオリーブの青いニュアンス・・・いろんな要素が複雑に重なり、まさに祝福のひとときになります。冬の低い日が差し込む休日の昼下がり、のんびり素敵なご褒美タイムをお楽しみください。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.