『バレンタイン』&『ホワイトデー』にぴったりエキゾチックな色とハート型のオーガニックチーズが発売


イギリスを代表するチェダーチーズは日本でも有名ですよね。でも元祖サマセット州の発祥の15ヶ月以上の熟成を経た「本物の」チェダーチーズはなかなか手に入らないんです。皆さんは本物を食べたくないですか?


とても可愛いいハート型とイギリスといったらのユニオンジャック柄が入った、「Organic Vintage Cheddar」 は伝統的チェダリング製法と16ヶ月熟成により驚くほどのコクと旨みであるアミノ酸の結晶が感じられるんです!


また、作り手のGodminister社は100年以上の歴史を示す記録も残るほどの老舗でありながら時代のニーズに対応します!サマセットの広大な土地で自然と動物、昆虫たちがのびのび育つ環境づくりを心がけており、彼らのチーズはイギリス政府が提唱するオーガニックファームで作られているのですよ。


さらに牛乳は低音殺菌、nonGM(非遺伝子組み換え)、べジタリアンレンネット使用でベジタリアンの方へも対応しているという徹底ぶり!                                  


チーズの表面は伝統的なチーズワックスで覆われていて、食べるところだけ剥がして召し上がってください。冷蔵庫などで保管する場合は切ったチーズの表面をラップでぴったり覆うと美味しさが保てます。色形デザインとギフトにぴったりですのでワインとセットなどバレンタインに、またはそのお返しにオススメです!


食べ方はそのままスライスしても、削って料理に使っても。チーズフォンドュのチーズにチェダーチーズを少し加えるとコクが増して美味しいです!


Organic Vintage Cheddar / オーガニック ヴィンテージ チェダー
・メーカー・ブランド Godminister
・原産国 イギリス
・内容量 200g
・小売価格 2,600円(税抜)
・サイズ 単品サイズ:縦8mm×横8mm×奥行7mm
・原材料名 牛乳、食塩 種類別:ナチュラルチーズ
・獲得認証 EUオーガニック、イギリスSoil Association
・その他 要冷蔵、賞味期限100日 
・お問合せ先
輸入元 GnR
代表 古屋 真衣
E-mail gnrcheese@gmail.com
単品注文、業務用、オーガニックチーズを取り入れたい方などまずはお問い合わせください。

主な取扱店舗

□チーズ専門店LAMMAS
東京都世田谷区下馬2-27-14-101  ※三宿通り沿いの路面1F
☎ 03-6453-2045
営業時間 10:30 - 19::00 月曜定休 ※月曜祝日の場合は営業しています。
http://www.lammas.jp/
□シェアンリ海老名店

〒243-0483 神奈川県海老名市中央1-6-1
マルイファミリー海老名 1F
☎ 046-240-9811
営業時間:10:00~20:00

□シェアンリ志木店
〒353-0004 埼玉県志木市本町5-26-1
マルイファミリー志木 1F
☎ 048-424-5707
営業時間:10:00~20:00

□シェアンリ北千住店
〒120-8501 東京都足立区千住3-29
北千住マルイ B1F
☎ 03-6806-1410
営業時間:10:30~20:30

□シェアンリ国分寺店
〒185-8562 東京都国分寺市南町3-20-3
国分寺マルイ B1F
☎ 042-312-2866
営業時間:10:00~20:30

□キャトルフォイユ相模大野店
〒252-0303 神奈川県相模原市南区3-2
ボーノ相模大野ショッピングセンター2F
☎ 042-705-4410
営業時間:10:00~21:00

□キャトルフォイユ西部所沢店
〒359-1198 埼玉県所沢市日吉町12-1
電話はございません。
お問合せがございましたら、北鎌倉小袋谷までご連絡ください。
☎ 0467-67-4736

□キャトルフォイユ(ネットショップ)
〒247-0055 神奈川県鎌倉市小袋谷2-23-6 1F
☎ 0467-67-4736
ホームページ
http://www.q-feuilles-kamakura.com/
□2017年2月26日キャトルフォイユそごう横浜店OPEN!!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.