EROTYKA TOKYO PARIS クリエイティブ・アートディレクター米津智之氏デザインによる華やかなボトルが発売!!

シャンドン ロゼ限定ボトル「シャンドン ロゼCHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU」を2月21日(火)より、全国主要百貨店等にて販売を開始します。

オーストラリアのプレミアム スパークリングワイン“CHANDON”は、日本の文化「花鳥風月」に注目してデザインボトルをつくったそう。こちらのロゼは、桜だけでなく、椿や牡丹、月、鳥など『和のモチーフ』を入れた日本発のデザインになっています!ピンクのカラーが鮮やかなのでリッチで可愛らしい女子会にもぴったりですね。さらに日本限定ということで、外国の方のお土産にもかなりオススメです。

モエ エ シャンドン ロゼ アンペリアル(MOET&CHANDON ROSE IMPERIAL)などもピンクカラーの可愛い外観で人気ですが、さらにあふれんばかりのフラワーなデザインが組み込まれた今回の新作は沢山の方のハートを射止めそうですね。

言わずもがなCHANDON(ワイナリー ドメーヌ シャンドン)は1986年にオーストラリアのヤラ・ヴァレーにてモエ・エ・シャンドンが設立したドメーヌ シャンドンで作られている、正統派スパークリングワイン。シャンパンと同じブドウ品種を使用して、シャンパーニュ地方の伝統的なメトードトラディショネル製法で作り上げるシャンドンは、生き生きとしたカジュアルでシックな新感覚の味が魅力となっています。

今回デザインを手がけた米津智之 / TOMOYUKI YONEZUは歌手のCDジャケットやお店の外観デザインの他にも、世界を代表するハイブランドShu UemuraやGIVENCHY、PARFUMS,、L'OREAL PARIS,、CHANEL, Cartierなどなどビューティーやファッションを舞台としたグローバル企業と数多くコラボレーションし、日本特有のエレガンスとシンプリシティを極めたアート性の高い作品を多く生み出しています。

2010年にはグローバル・ファッションプロジェクト「THE REALITY SHOW」を立ち上げてアジア、ヨーロッパ、アメリカで展開。経歴も華やかで多摩美術大学グラフィックデザイン科卒、ファッションの観点からアートディレクション、グラフィックデザインを展開。京都精華大学デザイン学部非常勤講師もしており、2002年FEMMEに所属。現在は東京とパリに拠点を置き活動されています。

■商品名 シャンドン ロゼ CHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU
■アルコール度数 12.5%
■容量 750ml
■会社 MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)
■価格 3,200円(税抜)
■お取扱い 業務店、高級小売専門店、百貨店
■発売日 2017年2月21日(火)
■公式ページ CHANDON オフィシャルページ
http://www.mhdkk.com/brands/chandon/promotions/ohanami/
CHANDON オフィシャルFacebook
http://www.facebook.com/chandon.jp

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.