フランスの銘ワインを数種類詰めて贈り物にできるプレミアムワインギフト「Terroirs de France」のオンライン販売を開始

今までになかった新しいワインの楽しみ方が登場!株式会社MAIAM マイアム(以下MAIAM)はフランスの銘ワインを数種類詰め、贈り物にできるプレミアムワインギフト「Terroirs de France」のオンライン販売が開始しました。

ワイン好きな方へ楽しんでいただける贈り物や手土産になりそうです。プレゼントとして贈る時になかなか選ぶのが難しいワインですが、『Terroirs de France』ならソムリエ厳選の美味しいワインを「何種類」も詰めて贈り物にできます。フランス各地のテロワール説明シートと、それぞれのワインの説明カードが付いているのも特徴的です。

◆商品の特徴


・100mlグラスたっぷり一杯分
MAIAMのボトリングパートナー・WIT France社が技術を駆使してできたボトルは100mlで美味しいワインを色々試せる、ワイングラス一杯分のサイズになっています。

・徹底した品質保持
全てのワインはフランス「ボルドー」にて真空状態で瓶詰めされ、空輸されます。 ワインの品質を最大限に保ってお届けするので、 味わいも香りもフルボトルと全く同じ質です。

・厳選されたフランス各地の銘ワイン
日本を代表するソムリエ『田辺公一氏』に全面的にアドバイスを頂きながら、それぞれのテロワールを映し出すワインを厳選。テイスティングを繰り返し、MAIAMが自信を持っておすすめできるワインのみ選ばれました。

・高級感のあるパッケージデザイン
MAIAMオリジナルギフトボックスはデザインや質にこだわって作られ、ラグジュアリー感あふれる仕上がりになっています。プレゼントを開けた時のワクワク感、ワイン一本一本の説明にもこだわり、 箱を開いた瞬間からまるで、フランスを旅しているような気分で楽しめます。


◆プレミアムギフトセット


・プレミアムワイン10本セット ¥ 18,500
・白ワイン5本セット ¥ 9,800
・赤ワイン5本セット ¥ 9,800
・フランス周遊5本セット ¥ 9,800
・ボルドーワイン5本セット ¥ 10,500
(全て税別価格)
現在ウェブサイトにてご予約受付中です。
www.maiam.co.jp
※3月後半のお届け

◆期間限定バレンタインセット


・5本セット¥8,500 / 10本セット ¥15,000(税別)
Chablis Premier Cru "Montmains" 2013 (白ワイン・ブルゴーニュ)
Côtes de Provence 2015 (ロゼワイン・プロヴァンス)
Crozes-Hermitage 2013 (赤ワイン・コート・デュ・ローヌ)
Château Kirwan シャトー・キルヴァン2012 (赤ワイン・ボルドー)
Banyuls バニュルス (甘口赤ワイン・ルーション)

バレンタイン主役のチョコレートにぴったりの甘口赤ワイン、バニュルスが入った「期間限定」の特別なセット。5種類のワインに合わせた、青山Portus料理長監修のお料理レシピ付き。ご自宅で、素敵なバレンタインディナーが演出できます。※2月7日〜14日のご希望日にお届け

◆お問い合わせ先
株式会社MAIAM(マイアム)
代表者:ウィリアムズ麻衣
本社所在地:東京都港区元麻布3-10-9
設立年月日:2014年9月26日
ウェブサイト:www.maiam.co.jp
メールアドレス:info@maiam.co.jp
事業内容:ワインの輸入・販売、ブランディング、プロデュース業

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.