切って混ぜるだけ!とろ~り玉子が美味しい、まぐろとアボカドのポキ


ポキとは魚介を切って塩や醤油で和えたハワイのお料理ですが、食材の合わせ方や味付けで極上のワインのおつまみになります。今回ご紹介するレシピでは、ポキの定番であるマグロを使用して、アボカドと温泉玉子を合わせてみました。

温泉玉子がとろ~り濃厚なソースになってマグロとアボカドに絡み、コクある白ワインやロゼワインにも寄り添う極上おつまみになります。調理時間は10分ほどと簡単なのに、盛り付けの一工夫だけでワンランク上のお料理です。

材料:2人分


マグロ 80g程
Aオリーブオイル大さじ 1/2
Aニンニクのすり卸し 少々
A塩小さじ 1/3
Aこしょう 少々

熟れたアボカド 1/2個(皮と種のぞいて80~100g程)
Bオリーブオイル大さじ 1/2
Bレモン汁小さじ 1/2
Bニンニクのすり卸し 少々
B塩 少々
B温泉玉子 2個

仕上げ用のマヨネーズソース
Cマヨネーズ 15g
Cニンニクのすり卸し 少々
Cレモン汁 少々
C塩・こしょう 少々
C粗挽きこしょう 少々

付け合せレタス 適量


作り方


【1】マグロは5~7mm角に粗く切りAを混ぜます。

【2】アボカドは皮と種を取り除き粗く潰しBを混ぜます。

【3】盛り付け用のマヨネーズソースとして材料Cを混ぜます。付け合わせ用のレタスを千切りします。

盛り付け


ガレット仕立て



お皿にレタスを敷き、その上にアボカド、マグロの順で重ねます(セルクルがあれば形も綺麗に丸くなるが、なければ重ねながら形を整えましょう)。

上に温泉玉子をのせ、まわりにマヨネーズソースを添え、粗挽きこしょうを散らして完成です。
 

グラスパフェ仕立て



グラスに千切りレタス、マグロ、マヨネーズソース、アボカドを重ね、温泉玉子をのせます(マヨネーズソースはマグロとアボカドの間に適量挟んで重ねると美味しいです)。上から粗挽きこしょうを散らせば完成です。

合わせるワイン



ROSE DE MARSANNAY  DOMAINE CLAIR-DAU 2015
ロゼ ド マルサネ  ドメーヌ・クレイユ・ダユ (ルイ・ジャド自社畑)

【タイプ】ロゼ 辛口
【原産地】フランス ブルゴーニュ
【品種】ピノ・ノワール


現在はルイ・ジャド自社畑ですが、1919年にジョセフ・クレール・ダユ氏によってピノ・ノワールからマルサネ・ロゼが初めて造られ、それに敬意を表してラベルにドメーヌ・クレール・ダユ氏の名前があげられています。

綺麗なサーモンピンクで、ほのかなチェリーの香り、酸味は柔らかく、すっきりした辛口でなので、色々なお料理にも合わせやすいロゼだと思います。カプレーゼや、白身魚のカルパッチョ、フレッシュトマトのパスタ系のさっぱり系のものからグラタン、チキンソテー等にも相性良いと思いますよ。

今回のお料理はマグロはお手軽価格の赤身のもので美味しくできます。ポイントはマグロ、アボカドにしっかり下味を絡めておく事で、温泉玉子との相性も良くなります。マグロやアボカドを全て混ぜてしまい、スライスしたバケットやクラッカーにのせていただいても美味しいです。

付け合わせとして添えている千切りしたレタスは、食感がアクセントになり全体の味を引き締める役割りもあります。味つけはオリーブオイル、塩、こしょうでシンプルにしましたが、醤油や溶かしバター、こしょうを粗挽き黒こしょうにして味にパンチを加えると、軽い赤ワインにも寄り添えるおつまみになります。簡単にでき見栄えするのでホームパーティーにオススメです。ワインと共に楽しんでくださいね。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.