オーガニックワインの祭典『ミレジム・ビオ』2017がマルセイユにて開催!!

出典:https://www.millesime-bio.com/en

Millésime Bio(ミレジム・ビオ)は、フランスで有機ブドウ栽培が盛んなラングドック=ルシヨン地域圏の中心地で開催されるオーガニックワインの祭典です。今年のミレジム・ビオ2017は1月30日(月)から2月1日(水)の3日間、マルセイユ シャノン(Marseille-Chanot Exhibition Centre)にて開催されました。

ミレジム・ビオのはじまり


はじまりは1993年に南フランスのラングドック=ルシヨン地方有機ワイン関連業者協会のSudvinbio (exAIVB-LR)に加盟する一部の生産者によって開設されたこの見本市です。以来毎年1 月末に、モンペリエ市(南フランス)の展示場で、ネゴシアン、クルティエ、カヴィスト、ソムリエ、飲食・ホテル業者、輸入業者など、ワインの主要なバイヤーたちを会場に集めて開催されてきました。

ミレジム・ビオの特徴


すべての出展者は、全く同じ備品(クロスをかけたテーブル1台、陳列台1台、イス2脚、試飲用グラス、スピトゥーン(試飲したワインを吐き出すための容器)など)が供給されます。その理由は、ワインの展示技術ではなく、「ワイン自体」を評価し比較するためのものだからです。
また、ブースは、国、地方、呼称ごとにまとめられるのではなく、すべての国、地方、呼称が混ざり合うように配置されます。この特徴は、出会いと好奇心を掻き立てたいという主催者(AIVBLR)の強い希望によるものであり、一見分かりにくいように思われるかもしれませんが、標示と案内スタッフが会場で来場者に試飲の順路を案内します。

チャレンジ・ミレジム・ビオ


2008年より、「チャレンジ・ミレジム・ビオ」コンクールが、1月のミレジム・ビオの2ヶ月前の11月に開催されています。このコンクールにより、見本市出展者のワインの中から、最優秀ワインおよび品質と価格のバランスのよいワインを見出すことができるようになりました。コンクールの授賞式は見本市期間中に行われ、受賞ワインは「チャレンジ・ミレジム・ビオ・バー」で、無料で試飲できます。

編集者のコメント
オーガニック食材の世界的な展示会はドイツのBiofach(ビオファ)が有名で日本でもここ数年開催されています。オーガニックワインのミレジム・ビオもアジア圏でも開いてほしいですね!

基本情報



・開催日時
2017年1月30日午前10時から午後7時
2017年1月31日午前9時から午後7時
2017年2月1日午前9時から午後5時

・場所
マルセイユ展示場(マルセイユシャノン)
Rond-Point du Prado、13008 Marseille、France
アクセス方法はこちら
・出展者
フランス、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ブルガリア、チリ、ドイツ、ギリシャ、イタリア、ニュージーランド、ポルトガル、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スイス、米国の16カ国から900社が出展します。
https://exposants.millesime-bio.com/en/rechercher(出展者検索サイト)

・食事
Aホールにて12時から3時までレストランが開かれます。
オーガニック食材のランチはこちら
バーはミレジアム・ビオ開催中開いています。

・ホームページ
https://www.millesime-bio.com/en/
https://www.facebook.com/Sudvinbio(facebookページ)

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.