名門ワイナリーのコンチャ・イ・トロ社「カッシェロ・デル・ディアブロ」のキャンペーンが3月14日(火)よりスタート!

メルシャン株式会社は、3月14日(火)~5月31日(水)の期間限定で、対象商品に貼付された応募シールに印刷されるシリアルナンバーを集め、Webあるいは応募ハガキで応募すると賞品が必ずもらえるというキャンペーンを開始します。

キャンペーン商品

・2枚コース スモークサーディン(1缶)

スコットランド産の鮮度の良いヨーロッパイワシがソフトスモークによって、魚の臭みを感じない仕上がりになっています。旨味とほのかな塩味の溶け込んだオリーブオイルは、パンにつけたり、料理にそのままかけたり召し上がれます。

・6枚コース バーニャカウダソース(2瓶)

北海道産のニンニクと国産のアンチョビを使用したバーニャカウダソースです。温めたソースに、野菜やパン、肉、魚など好きな食材を付けてお召し上がりください。また、パスタやポテトサラダにあえたり、さまざまな料理の調味料としても使えます。

・12枚コース 国産牛モモ肉ローストビーフ(300g)(ローストビーフソース20g×2付き)

北海道産牛モモ肉を使用し、十勝工場で表面を軽く焼き上げ肉の旨味を閉じ込めました。赤身肉のジューシーな味わいは、ワインとの相性も抜群です。そのままでも、サラダなどに使ってもおいしくいただけます。

カッシェロ・デル・ディアブロ

1883年に創業以来130年以上の歴史を誇るチリで最も歴史のあるワイナリーの一つです。コンチャ・イ・トロ(Concha Y Toro)社が造るプレミアム・チリワインです。

なんと、あまりのおいしさから盗み飲みが絶えなかったため、創立者のドン・メルチョー氏が「この蔵には悪魔が棲んでいる」という噂を流し、その美酒を守ったという伝説があります。それにちなんで今回の「悪魔の晩餐グルメキャンペーン」と名づけられました。

詳細はこちら

編集部のコメント
日本のチリワインの輸入数量は2006年以降年々増加して、2015年には世界を代表するワイン産地であるフランスを抜いて初めて1位になり2016年も1位でした。※1 今後も大注目のチリワインのこちら素敵なキャンペーンは見逃せませんよ!
※1 財務省関税局調べによる「ぶどう酒(2L未満)」と「ぶどう酒(2L以上150L未満)の合計

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.