ソーヴィニヨン・ブランと合う、旬のレシピ!春野菜たっぷりグリル


まだまだ寒い日が続いていますが、お買い物中に春野菜を見かけるようになってきましたね!食材の旬がわかりにくくなってきている最近ですが、春野菜はこの季節だけという種類が多い気がします。

春野菜の爽やかさとほろ苦さは、爽やかな香りのソーヴィニョン・ブランと相性がぴったりです。今回は春野菜で簡単にできるグリルをご紹介しますので、お好きな春野菜をアレンジで使いながら楽しんでみましょう!

材料


芽キャベツ 3個
新じゃが 3個
玉ねぎ 1/4個
パプリカ 1/4個
スナップエンドウ 3本
ウインナー 3本
オリーブオイル 小さじ1
塩、こしょう 少々


作り方


1.芽キャベツ、新じゃが、ウインナーを半分に切ります。玉ねぎ、パプリカは適当な大きさに切りましょう。焼き時間をそろえるために、じゃがいもだけ電子レンジ600Wで5分程加熱しておきます。
2.焼き色をつけたい場合は、フライパンにオリーブオイルをひいて野菜を焼きましょう。焼き色をつけなくていい場合はオリーブオイルをまぶす程度で大丈夫です。耐熱皿に入れて塩、こしょうをふり、180℃のオーブンで10~15分を目安に焼いたら完成です!

今回はさっと焼いてそのままオーブンへ入れられるスキレットを使いましたが、お手持ちの耐熱皿で大丈夫です。アスパラガスやソラマメ、タケノコなどの春野菜もグリルにおすすめですし、お好きな野菜でのアレンジも簡単にできます。また、お好みでハーブの味わいをつけてもおいしいです。

ソーヴィニョン・ブランで春を楽しみましょう!


ソーヴィニョン・ブランはハーブや柑橘のような独特の香りが特徴的なブドウの品種です。このブドウで造られたワインは明るい緑色とフレッシュで爽やかな酸味を持つ辛口になるので、春に向けてあたたかくなるこれからの季節にますます飲みたくなるワインではないでしょうか。

蒸し料理などの優しい味わいのお料理とも相性がよいので、春野菜のホットサラダにしてもいいですね。また、ソーヴィニョン・ブランと生ガキとの組み合わせは定番ですが、白身魚とも相性がよいので、これから旬を迎える鯛との組み合わせもいいですね。

暖かい春が待ち遠しい方は、春野菜とソーヴィニョン・ブランのワインで春のおいしさを先取りしてみてはいかがでしょう。

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.