コスパ最強!カバなど多種多様なワインを生む、スペインワインの魅力とは?


スペインワインと聞いて何を思い浮かべますか?実はワインの生産量、ブドウの栽培量共に世界トップレベルです。最近では特にスパークリングワインであるカバがコンビニでも置かれているほど人気です。今回はそんなスペインワインの魅力をご紹介したいと思います。


最もブドウを栽培している国


スペインは世界で最もブドウを栽培している国です。ワインの生産量としてはフランス、イタリアに次ぐ第3位を誇ります。基本的に夏は暑く乾燥しており、冬は寒さが厳しい気候です。それぞれの地方の気候や土壌のバラエティが豊かで、栽培されるブドウや生産されるワインの種類も異なります。

主な品種は黒ブドウがテンプラリーニョ、ボバル、ガルナッチャ・ティンタ(仏名:グルナッシュ・ノワール)などです。白ブドウではアイレンが世界最大の栽培面積を誇っていますが、カバの主要品種であるマカベオ、リアス・バイシャスで栽培されているアルバリーニョは近年特にファンが多いようです。

黒ブドウで造られたワインは力強く、品質が高いものだと長期熟成に向いています。特にガルナッチャで造られたものはフランスのものよりも濃厚で、スペインの土壌や気候がワインに色濃く反映されていると言っても過言ではありません。


スペインと言えばカバ



魅力的なワインが多いスペインワインの中でも、高級スパークリングワインであるカバはコストパフォーマンスの高さから、デイリーワインとして飲んでいる人も多いのではないでしょうか。 主な生産地は地中海地方・カタルーニャ州です。



この地方の洞窟のことを「Cava」と言い、スペインではワイン法の区分でD.O.カバとし使用可能品種や最低熟成期間などが厳密に定められています。 シャンパンと同じトラディショナル方式(瓶内二次発酵)で造られることから、繊細な泡は非常にクリーミーです。

舌触りや喉越しにもこだわった品質であるのに、1000円を切るものも多くあるから驚きですよね。 主な品種はマカベオ、チャレッロ、パレリャーダ。しかし、シャルドネやピノ・ノワールと言った外来品種も使用が認められており、シャルドネ100%のカバも存在しています。2008年からは100%ピノ・ノワールで造るブラン・ド・ノワールも認められました。


南部はシェリー酒の産地



そして、もう1つスペインを代表するワインと言えばシェリー酒でしょう。世界3大酒精強化ワインのうちの1つで、発酵終了後に度数の高いアルコールを添加し酒精強化されたワインです。


辛口にはフィノタイプ、オロロソタイプ、フィノとオロロソの中間タイプがあり、甘口にはペドロ・ヒメネスなど甘味が強いブドウ品種を使用したものがあります。

スペインや日本では辛口のものが主流ですが、他の国では甘口のものが好まれているそうです。 辛口の中には塩気を感じるマンサリーニャ、琥珀色でナッツの風味があるアモンティリャードなどがあり、少し癖のある風味は一度味わったら癖になるほどです。

味の均一化を図るソレラシステムが採用されているため、シェリー酒を熟成させる樽を設定した年から現在までにその味わいが引き継がれ、深い味の歴史を感じることができます。

食前から食後に至るまで、辛口からお料理に併せて徐々に甘口のものへと移行させていくという飲み方もできるために、マリアージュにおける汎用性の高さに驚かされます。 カバやシェリー酒などの魅力的なワインが生産されるスペイン、もしまだチェックしていないという人がいたら、ぜひ一度手に取ってその魅力を感じてみてくださいね。

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.