日本ワイナリー協会主催「マスカット・ベーリーA」に特化した関係者向けワークショップを3月13日(月)開催!

日本の特産種の一つマスカット・ベーリーA に特化したワークショップが3月13日(月)KKRホテル東京にて開催されます。前半第1部は醸造家向けの専門的な内容となっています。後半第2部はマスカット・ベーリーA に適したグラスを選びだすために、ワイナリー関係者に限定せず、酒販や飲食の場で活躍されているワイン販売のプロの方々も参加することができます。

【第1部:マスカット・ベーリーA のスタイルと醸造手法】

時間 13:00-15:00

・醸造家によるパネルディスカッション

パネリスト+試飲ワイン

「山形 朝日町ワイン 製造部 主任 安藤 武 マイスターセレクション遅摘み マスカット・ベーリーA」、「山梨 勝沼醸造 専務取締役 有賀 裕剛 アルガーノ モンテ」、「山梨 シャトー・メルシャン ワインメーカー 小林 弘憲 穂坂マスカット・ベーリー A セレクテット・ヴィンヤーズ゙」、「山梨 ダイヤモンド酒造 醸造責任者 雨宮 吉男 シャンテ Y.A マスカットベーリーA plus」、「岡山 サッポロビール岡山ワイナリー 生産部長 竹下 昌利 岡山マスカット・ベーリーA 樽熟成」、「広島 広島三次ワイナリー 醸造長 太田 直幸 TOMOE マスカット・ベーリーA 木津田ヴィンヤード」(ワインは予定)

・モデレーター 

酒販ニュース ワインジャーナリスト 佐藤 吉司

※ 各パネリストのワインを試飲しながら受講します。

【第 2 部:リーデル ワイングラス・セミナー】

時間 15:30-17:30

・講師

リーデル・チーフ・グラス・エデュケーター 庄司 大輔

1.グラスとワインの相性について(通常のリーデル グラスセミナー)

2.マスカット・ベーリーのタイプ別グラスの相性実践

-タイプの異なるマスカット・ベーリーA2種を形状の異なるグラス3種で試飲します

ワークショップ詳細

 

会場:KKR ホテル東京 孔雀の間 

住所東京都千代田区大手町1-4-1 

会費協会員 5000円 非協会員(酒販飲食も含む) 7000円

定員数先着順 100 名(協会員および非会員ワイナリー 60 名 飲食/酒販 40 名)

懇親会当日、ワークショップ終了後に希望者による懇親会を計画しております。(会場未定)懇親会費5000 円を予定していますので、併せてお申込みください。

申込先日本ワイナリー協会 事務局担当 窪野・石垣

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋 2-12-7 武田新江戸橋ビル2階

電話:03-6202-5728

FAX:03-6202-5738

E-mail: kubono@yoshu.or.jp

ishigaki@yoshu.or.jp

別紙申込書に必要事項を記入して 3 月 3 日(金)までにメール又は FAX にて提出願います。先着順(定員 100 名)としておりますので、希望者多数の場合は参加できないことがあります。

 

支払方法

会費、懇親会費の納入は振込のみとさせていただきます。

振込口座:三井住友銀行 日本橋東支店

普通預金№6977966

口座名義日本ワイナリー協会(ニホンワイナリーキョウカイ)

3 月 3 日(金)までにお振込み下さるようにお願いいたします。

日本ワイナリー協会 HPhttp://www.winery.or.jp/

編集部のコメント

一般社団法人日本ワイナリー協会、別名「日本ワインを愛する会」は日本ワインを日本中の人へ、そして世界中へと広げようと活動を続けています。ここ十年ほどで一気に飛躍した日本のワインですが、こちらの会長が2003年「日本ワイン」という書籍を出版した当時はまだ認知度も低かったといいます。今後の日本ワインの広がりが楽しみですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.