肉だんごを赤ワインで風味付け!心も体もあったまるデミチーズ肉だんごの作り方

"半分に煮詰める"という名のデミグラスソース、自力で作ろうとすると手間も時間もかかります。おうちディナーは、手を抜かないけど頑張りすぎない。缶詰のソースと市販の肉だんごを使って、ほんのひと手間でちゃんと美味しく作るレシピをご紹介します。

ポイントは"赤ワイン"。たっぷりの赤ワインで風味づけするのは、ソースではなく具の方。メリハリと深みが出て、ウスターソースや生クリームを加えなくても味つけがピタッと決まります。しかもワインとの相性も格段にUP!

仕上げにはとどめのチーズ。デミグラスソースと相性が良いのはもちろん、肉だんごとソースのからみをよくする"つなぎ"の役割も担ってくれます。ふっくらとした肉だんごにソースがからみ、時間をかけてじっくり煮込んだような味わいに。

材料:2人分

[難易度] ★★☆☆☆

[調理時間] 20分

肉だんご 300g

タマネギ 1個

エリンギ 1パック

赤ワイン 100cc

A デミグラスソース缶詰 1缶(290g)

A 水 200cc

A 塩 小さじ1/2

ミックスチーズ 100g

作り方

【1】タマネギは皮と芯を取り除いてくし型にカット。エリンギは長さ3cmの食べやすい大きさにカットします。他に、ニンジンやジャガイモ、しめじなどで代用したり、ブロッコリーやパプリカで彩を加えてもいいですね。

【2】鍋に油少々を加えて加熱し、タマネギ・エリンギを中火で2~3分炒めます。しんなりしてきたら肉だんごを投入。肉だんごは常温の物でも冷凍の物でも、冷凍なら凍ったまま入れても大丈夫。続けて赤ワインを注ぎ入れます。

【3】中火にかけたまま全体を混ぜ、汁気がなくなるまでしっかり煮詰めます。赤ワインを具にしっかり吸わせておくことで、香りも味わいもグッと深みがでます。

【4】Aを加え、弱火で10分煮ます。デミグラスソースはメーカーにより味付けも様々ですので、塩コショウを加えてお好みの味に調節してください。隠し味に醤油少々をプラスしてもいいでしょう。

5】ミックスチーズを散らし、蓋をして2~3分。チーズがとけたら出来上がり。お気に入りのパンを添えたり、最後にごはんやスパゲティを加えてしめるのも楽しいですよ。

さて、何飲もう?

デミグラス&チーズときたら、やっぱり赤ワイン!ふくよかで凝縮感のある、力強い赤ワインがピッタリ。市販のソースに使われているスパイスやハーブがくっきりと引き出され、お手軽料理がワンランクアップ。文句なしに相性抜群です。

軽やかな赤ワインなら、やや酸味のしっかりした華やかなものを。ほんのりエレガントで、穏やかさが心地の良いマリアージュになります。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.